FC2ブログ
さとこの餌付け、9月の食卓。
未だに秋の写真でスミマセン。


美的センスの片鱗すらない
ぱにーニィとさとこの食卓。


今日の持ち寄りゴハンは
草がワサワサで
 
動物園の飼育員さんが用意した給餌風。
まぐさのようなある日の食卓
(梨、玄米、白米、さつま揚げかなんか、ケールみたいな葉っぱ、パック豆腐は塩を振って水切り中、キムチ、味噌のシソ巻き焼き、ツワブキと煮干し、モロヘイヤかなんかのレンチン)


この材料でこれからお料理をつくるのではなく

これが完成形でございます。


見た目こんなですが

栄養バランス的には
そんなに悪くはないと思います。


白飯には、必ず玄米もしくは一分つき米を抱き合わせて
ゴハンは白と色付きセットで


この一分つき米ですが
ポロポロして、
スープの具とかカレーにすごく合うんです
ヤタラ漬け、おくら、豆と茄子のカレー
(ヤタラ漬け、おくらのおかか載せ、ミックス豆と茄子と鶏ミンチのタイカレー)


お豆腐がパックでドーンとあるのは
ぱにーニィが「お料理にお豆腐が入ると全部お豆腐味になるからイヤッ」って言うから

チャンプルーに入れるのをやめて、
さとこが主食にしました。
パックもめん豆腐、ゴーヤーチャンプルー、きゅうりの糠漬け、1分つき米、茄子キーマカレー
(木綿豆腐、ゴーヤーチャンプルー、キュウリの糠漬け、1分つき米、茄子キーマカレー)


さとこはお漬物があれば、毎日同じおかずで じゅうぶんなんだけど
菜食
(昆布と大根の煮しめ、ヤタラ漬け)


まあ、青魚も必要でしょうから。
大根と昆布煮物、浅漬け、さしさば、根菜炒め煮、枝豆
(大根と昆布の残り、キュウリと茗荷の浅漬け、さしさば、蓮根のキンピラ、枝豆)


露地もののキュウリがある間は、ぱにーニィが毎日やたらとつくる、
ぱにーニィ家のヤタラ漬け。


さとこのおやつ用としても届けてくれるので

パソコンの前にも常に
ぱにーニィ家のヤタラ漬け。
パソコンのお供にヤタラ漬け


茄子、キュウリ、ピーマンを塩もみして

仕上げに塩昆布と茗荷を入れるのですが


さとこの朝ごはんと昼ごはんは
このやたら美味しいヤツをゴハンに載っけてパクパク。
塩昆布と茗荷を足して完成


外国のキュウリとパプリカでも作ってみたら
あらまあ、色がカラフルで見惚れてしまって

塩昆布と茗荷を入れ忘れてますね。

カラフルやたら漬け




さとこ、落とし玉子入りのおみそ汁も好きですって言ったら


最近、毎日作ってくれて

お椀を覗き込んで玉子と目が合うと
スゴイわくわくします
白飯、落し玉子入り青梗菜の味噌汁、やたら漬け、ソーミンタシヤー
(白飯、見えないけど落し玉子が沈んでる青梗菜の味噌汁、ヤタラ漬け、ソーミンタシヤー)

香茸ごはん、玉ねぎ落とし玉子の味噌汁、ヤタラ漬け
(香茸ごはん、見えないけど落とし玉子が沈んでる玉ねぎの味噌汁、ヤタラ漬け)




今日は砂肝を買ってきたから、
これで中華あんかけ作るんだって。


ちゃちゃっと手早く、みるみる出来上がっていくのを覗き込んでいたら
粉をまぶして 炒めて


えっ。
今日は持ち寄りゴハンデーじゃないけど
お相伴にあずかっていいんですかい?
砂ぎも炒め
(砂肝、茄子、ピーマンの中華風)


じゃ、せっかくだから
とっておきの紹興酒でも持ってこようかな♬


こんなして、さとこはゴハンをいっぱい与えられて

すくすく成長しています。
スポンサーサイト



[2018/12/01 11:10] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
今年もきのこの季節。
今年、イチョウタケの煮物を初めて食べました。

  イチョウタケ煮物、蕪と人参の味噌汁

新生姜と胡麻油の風味が効いていておいしいです。

ぱにーニィにも持ってったら
蕪と人参とお揚げのゴロゴロみそ汁を作っていたので、
お相伴にあずかりました。


はてるまに帰った日の晩ごはんは
大抵こんなふうに、義母作のきのこの佃煮が1品加わります。

モズク酢の物、ギド、もやしピリ辛、きのこ佃煮
(一分づき米、モズクとカニカマときゅうりの酢の物、ギドの干物、もやしとニラのピリ辛、きのこ佃煮)


秋は、はてるま母が生き生きする
きのこ狩りの季節です。


ホンシメジ、ハタケシメジ。

クリタケ、クリフウセン。

香茸、マツタケ。

ネズミタケ、スイドウシ、
ザーザ(ナラタケ)、ムラサキノメ。


義母のケータイの中は、山で撮り溜めたきのこの写真だらけですよ。
切り株のまわりにぎっしり 201711のきのこ


毎日、山に入りたくてうずうずしているのですが
今年は暑すぎたためか、きのこの出来が良くないらしい。


香茸も、数が少なくて
今年はダメかと諦めていたら

でっかいのが見つかりました。


さとこのガラケーと比較するとこんなにでかい。

ガラケーと比較


はてるま母と比較してもこんなにでかい。

巨大香茸


「いちばんでっかいのは、さとのお母さんに食べさせる!」と言われ、里に届けたら
里の母、感激してむせび泣いておりました。




はてるま母は
山に入るとき、いつも
「今日もよろしく」とお願いして山にお神酒を注ぎ


ゴミは一切残さず


ふもとに出ると
「ありがとうございました」と必ず拝礼。


そうやって持ち帰ったきのこは

201809のきのこ


こうやって丁寧に軸の先っぽの部分を切り取り

根元を切る


食べない部分は、またお山に返します。

山に返す分


そうすると、菌が根付いて
また来年のきのこになるんだって。




ナラタケ。

16年命日のきのこ

ぱにーニィ大喜びの図。


こっちはホンシメジ。

本シメジ

里の母に届けたら
すぐに炊き込みご飯になって返ってきた。

しめじゴハン


ぱにーニィときのこパーティー。


お味噌汁にしたり

もずくときのこの味噌汁
(レンチンしたモロヘイヤ、出汁をとったあとの煮干しの煮物、一分づき米、きのこの味噌汁に追いもずく)


えのきも足してお鍋にしたり。

きのこ鍋とヤガラ
(おくらとモロヘイヤのタタキの冷凍、きのこ鍋、ヤガラの塩焼き、玄米、蕪の浅漬け、筍としいたけの煮しめ)


このほか、

レンチン後、ジップロックに入れて冷凍保存したきのこたちを、
来年の秋まで大事にいただくのであります。


海辺育ちのさとこは
とおるちゃんと結婚しなかったら
一生知らないままだったに違いない、いろんなきのこ。


毎年、たくさんたくさんいただいてますよ。


お義母さん、とおるちゃん、ありがとうございます。

[2018/11/07 11:17] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
原価のかからない旬のおかずがある食卓
青い風が吹く五月です。


はてるま母と一緒にお墓参りを終えたあと、
お墓の横の空き地で
ちっちゃいビニール袋にわらびを詰めてたら

わらび取り放題

近くの畑で農作業中のご近所さんが
気を利かせて買い物袋を持ってきてくださって


袋いっぱい採るまで
1時間もかかりませんでした。


タンサンと熱湯を注いで一晩。


そのあと、
透明になるまで何回か水を替えて
あく抜き完了。


只今あく抜き中


里の母におすそ分けして


残りは、
なくなるまで毎日

わらびの塩昆布和えと お味噌汁。


これ、ぱにー二ィの好物なのです。

ワラビ塩っぺ和えわらびオンリー味噌汁


四月・五月の山菜、
今年はコシアブラが全く取れなくて、

その代わり、筍がウホウホな状態。


トンネル工事の発破が毎日3回あるおかげで
猪が警戒して竹林を荒らさないらしく

筍、採れ放題なんです。


重くて持てないから
はてるま母、皮はその場で剥いちゃって
はだかの筍を持って帰ってあく抜きするそうです。


なんと、
誰かにあげなさいって12本も持たされちゃって


でも
里の母はすでに食べきれないほどあるから要らないって言うし、

はてるまからの帰り道沿いに住む知人とは
連絡が取れなくて、


んで

結局すべてさとこがいただくことに。


半分は冷凍したけど
まだまだ冷蔵庫の中は筍でいっぱいですよ。


穂先の部分は甘酢あんかけにしたり

さとこはきくらげが好きなので
中華炒めにしてみたり

筍甘酢筍の中華炒め風


ぱにー二ィは汁物が好きなので
お味噌汁、3回ぐらいお替りしますです。


筍とネギの味噌汁


穂先だけでもけっこうな量です。


煮物にもしたり
フキノトウ味噌でもいただいたり


でも、さとこは
どっちかっていうと
穂先よりも根元のほうが好きかな

穂先だけ煮物煮物と蕗味噌和え




この季節、山椒も楽しみですよね。


さとこの里には
山椒の木は7本あって

山椒全部で7本

毎年四月に一年分の木の芽を摘んで冷凍保存。


山椒たっぷり


ちらし寿司、
山椒が入ると、入らない時の2倍食べるかも。


お総菜コーナーで買ってきた鯖ちらしにも
たっぷり混ぜ込んでいただきます。

チラシ寿司には絶対山椒山椒に鯖寿司

手前の緑のやつは、蕪の葉っぱの塩昆布炒め。

この日のメインディッシュです。


ぱにーニィは、
先日、枕ぐらいのサイズの1kg入り業務用塩昆布を買ってきていて

これが日々大活躍してますのよ。




アラ汁にも、ネギは無くとも山椒だし

筍ごはんにも当然山椒ですが


シマッター

肝心のとおるちゃんにお供えのご飯にまぶすの忘れてる

アラとの相性抜群筍ゴハン山椒投入前




さとこの里は
アスパラガスも豊作で


毎日にょきにょき伸びるのを
レンチンして軽く塩を振るだけで(左上のゴロゴロしたやつ)

味が濃厚で甘みもあって、
飽きない美味しさです。

レンチンアスパラ





ネギと フキノトウと 筍と わらび。


さとこ労せず手に入り
ありがたいやら申し訳ないやらなおかずがいっぱい。

蕗の煮物蕨に蕗に


感謝の日々ですよね。

[2018/05/02 04:58] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
ぱにーニィはどこへ向かっているのか
ぱにーニィの食卓。

ぱにーニィは、嫌いな食べ物はないよ、といいつつ。

メインはお野菜

でも、実は、
ドレッシングと生姜と柚子と、お芋と木綿豆腐と梅干しとたくあんが苦手って事になっている。

カレーは好きでも、カレー味の料理は苦手。


だもんで、食材は変わっても
調理法は割とシンプル。

アスパラピーマン モロヘイヤスープ

アスパラは茹でるだけか、たまに炒める。

ベランダで収穫するモロヘイヤも
レンチンか、もしくはスープ。


茄子、ピーマン、スイカ

茄子とピーマンと玉ねぎの炒め煮は珍しいらしくて
どんだけ沢山作って持って行っても、必ず即日完食。

スイカの皮の漬物はイカンかったようで、
納豆和えにしてさとこのおなかの中へ。


トマトやキュウリはお塩を振るだけがいちばん好きです。

最後のトマトと胡瓜 鶏ミンチこんにゃく

焼きピーマンはあんまり好まないらしく、
煮るか炒めるか。

さとこは、鶏のミンチのニシニシした歯ごたえが好きなんで、
こんにゃくと炒り煮にしておいたやつが重宝してます。


はてるま母からもらう、きのこたち。

きのこのお澄ましには、はてるまの畑の柔らかい春菊が不可欠。

香茸は、佃煮でもらったり、生を冷凍してあれば香茸ごはんに。

ほんしめじだかムラサキノメだか 香茸と切干大根 

里の母が作った香茸ごはんには、むかごも入ってました。

たけごはんとたけ汁 


はてるまの家では、香茸とネズミ茸はおせち料理にも必ず入ってます。

ネズミタケとプチトマト


きのこのシーズンが終わっても、
スーパーで手に入るきのこ達はしょっちゅう食卓にのぼります。

マイタケういんな きのことベーコン

マイタケ、しいたけ、エリンギ、えのきだけ。


大量の白ネギ消費のため、
毎日のようにネギ料理。

タコ買ってきて とむやむ


お鍋の日も多くて、

玉ねぎが丸ごと入っているのは甘くておいしかったですが

半額スパークリングと白滝鍋 丸ごと玉ねぎ

しめじが丸ごと入っていたのにはおったまげました。

シメジ丸ごと


麺類の日もありますよ。

素麺の日

素麺の具はお好みで。

トッピングはお好みで

さとこは、「カレーを作ったら、最後の日はその鍋を薄めてカレーうどんを作ると洗い物が楽だよ」と友人から教わりましたが

ぱにーニィは、カレーとカレーうどんは全く別物なので
初めっからカレーうどんをつくる。

狐カレーうどん パン耳と豆
               時には、ぱんみみが好きなさとこのために、ぱんみみ料理も。↑


玄関の植木鉢で育てているハンダマ(金時草)は、蒸してもお味噌汁でも炒めてもよいですが、
おかかてんこ盛り和えが一番お好みらしいです。

ハンダマおかかのせ


ぱにーニィ、お豆腐嫌いだったくせに、
ダイエットを意識して、最近、お豆腐よく買って来るみたい。

でも、深夜にマーボー豆腐作って食べてちゃ、ダイエットにはならんと思うけど。


白まーぼ。
豆腐嫌いだったのに 

赤まーぼ。
マーボー赤白黒あります

いろんなマーボーの素を買ってきてますが、
花椒(ホアジャオ)入れると、すっごい美味しいんですね。

さとこ、最近まで花椒の存在を知りませんでしたが

これは毎日食べても飽きないかも。


もちろんお魚だって食べてます。

むにえるあじくん干物

たまに切り身なんかだと、骨がなくてすぐに食べ終わっちゃうから、
どこに入ったかわからん気がする。 

キスは最高ですね。
安くて美味しくて食べやすくて。

きす


煮干しとかじゃことかあると、ごはんのおかずはそれだけで幸せなぱにーニィ。

おろしにゃぐ

わんこみたいに丸のみで
あっと言う間にどっか消えちゃってましたが、
ブラ(義歯)つけてからは、噛むこと覚えたみたい。

「やっと人間の食べ方に慣れてきたよ」


大人になったね、ぱにーニィ。


一方、さとこは、サバの厚削りに夢中。

さばにゃぐ

小分けして、
おネギ仕事の昼休憩や
こうやってパソコン叩いているそばにも
魚臭いタッパーが。

止まらなくて
にゃぐにゃぐ、にゃぐにゃぐ。


また、とおるちゃんに、「はむちき(さとこのこと)、ねこの口のにおいがするぞ!」って怒られるかな。


そして、今。
ぱにーニィにとってたいへんな季節になりました。


どこのお宅のお庭にも、柿がたわわに実り、
「まあ、持って帰んなさい」と山盛りいただく

柿が好き


ぱにーニィ、柿に目が無くて
あったらあっただけ食べてしまう。

剥いた端から手が伸びてきて消えていき

その結果はきっと…
  ↓
正しい進化


これ、仲良くしていただいてるブロガーさんからいただいたステッカー。


「何年もかかってサルからやっと人間になったのに…」って、言ってるけど
ぱにーニィ、これがモーレツに気に入っているようです。

[2017/11/16 04:17] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
さとこおばぁの5月の食卓。
松の花粉の時期。


10代の頃は鼻詰まりと目のカユカユにやっつけられて大変だったと記憶してますが、
今年は、水たまりの黄色を見て、そんな時期かと気づくぐらい、
症状がありません。


年取って、免疫落ちたかな?
年取るって、結構いいことあるもんだな。


あるけあるけを始めて1カ月過ぎたあたりから膝が痛くなってきたのと、
7時前にはお仕事に出かけるから
早朝のお散歩、今はしていないけど

朝は四時半には明るくなるし、夕方七時の日没まで
おひさまをいっぱい浴びて

ここんとこ、セロトニンの合成が順調にできているんではないかと思ったりしてます。





ネギ社での会話で、
今年はお野菜の出来があんまりよくないって聞きました。


ネギボウズちゃん、日に日にとんでもないことになっていき、
今日出勤してみたら
工場の中のネギ束、ずらりとねぎぼの花盛り。

なんと9割も廃棄処分でした。
軽トラ荷台に15杯分ですって。


でも、育ちすぎるのはおネギだけの問題ではなく、

人参もちっちゃいうちに葉っぱがボーボーに伸びたり
玉ねぎも、玉は小粒で幹がぶっとくてリーキみたいになったり。

「野菜なんか、とてもじゃないが作っておられん」と。


暑いのや日照り続きが関係しているの?

農家さんって大変なんだなあ。




こんなときでも、
変わらず旬の食材を頂けることに感謝ですね。


ふきのとう。たけのこ。山椒。フキ。菜の花。
 
たけのこごはんと山椒の佃煮

筍とスナップエンドウとわらび


ついこの間まで、高菜にハマっていたぱにーニィ。

高菜シーズンが終わってがっくりきていたけど、
今度はスナップエンドウの虜になって

お買い物の度に買ってくる。

菜の花、ふきのとう味噌、わらび、たけのこの木の芽和え


山の幸は、冷蔵庫や冷凍庫に入りきらないほどもらえるから、
買ったことがないですよ。

蕨に蕗に

分葱の根っこのオリーブオイル炒め
  ↑
この紫のラッキョウみたいなの、里の母が「ワケギの根っこだけをオリーブオイルで炒め焼きにした」と。

いや、これがなかなかよろしくて、
何も味つけなくても、風味だけでパクパク。




お野菜だけではなく
お魚もね。


またボッカメバルをお裾分けしていただいて。

美味しいあとは、楽しく遊ぶ。


胸ヒレが、いい感じの眉毛になりますのね。


村山元総理、お久しぶりです。
81代


橋下前大阪市長、いかがお過ごしでしょうか?
橋下さん似


兄似
あ、みなさん、どうもこんにちは。
さとこの兄です。

兄、昔はこんなして眉毛つながってたけど、
最近は左右一本ずつになってます。


小さいときは「食べ物で遊んじゃダメ!」って怒られるけど
大人になると怒られない。


さとこ、大人の食卓(?)を満喫しております。

[2017/05/19 07:16] | ・うりカメ―、やれカメ―。 | page top
| ホーム | 次のページ>>