FC2ブログ
ネギ社に通う、ある雪の日のこと。
ぱにーニィんちのたまのじょうが、寒そうにしています。

雪の中のたまのじょう


今年初の冷え込みで
久々に軒下の太いつららを見た、その日の朝は

ぱにーニィの愛車らすかる2号のドアが凍りついて


とりあえず前方ドアだけ解凍して出発したら

走ってる最中に、暖房で後部ドアも解け始め

半ドアになって、警告音がポーンポーンって鳴り続け。


ルームランプは点くしで


やー焦りました。


ねぎ社に行く日の、いつもの時間割は


6時半にとおるちゃんとさとこの巣を出て、
ぱにーニィを起こしに行って二人で出発
 ↓
7時に24時間スーパートでトイレ休憩+お昼ごはん買い物、7時15分発
 ↓
7時半着、8時仕事開始

なんですが


今日は、到着が8時始業ギリギリでした。


手洗い場の蛇口が凍りついて水が出なくて

外にあるトイレ、水道管が破裂してたらどーしよーとドキドキしましたよ。


使えたので一安心です。




どっしり濡れて重いネギの包みを運ぶ、力仕事の根切り作業は
こんな日でもけっこう暑い。


対して、
パイプ椅子に座っての皮剥き作業は
足がジンジン冷えます。


さとこは背中にホッカイロ一枚ですが

先輩方は
背中・腰・お尻・足と、五枚も貼ってるんだって。


皆さん、足元に一人用電気ヒーターを買っておられるけど

さとこは腰痛防止に頻繁に立ったり座ったりするので

かえって邪魔になるし、今んとこ使ってません。


いつも、おネギは、専用の収穫機で収穫してくるのですが

こんな雪の畑には機械が入れないから


社長と畑担当さんが手作業で抜いているそうな。


お野菜が高い今の時期
おネギも高額取引できているみたいで

社長さん、苦労が報われてよかったですね。


わが社のおネギは京都方面に出荷されているんですよ。


取り引き先の契約会社が
いつもは、こうやって集荷して行かれるんだけど
出荷

この日は、雪のため
さとこたちが退社するまで、
とうとう集荷トラックが来ませんでした。


工場の中は、二日分の出荷待ちのおネギに侵略されたみたいになって

手荷物を置く場所もありませんでしたです。




1日のお仕事が終わり、

ネギ社からは
まっすぐ帰っても一時間15分くらいかかります。


帰ったら、そのままお風呂場に直行して
ネギのとろとろまみれの作業着一式を下洗い。


洗濯機2回分をラスカリングして


洗濯物は浴室乾燥機でがんがん乾かして
翌朝、またそれを着て出発。


先輩社員さんたちは工場のご近所さんばかりで、

作業着は毎日洗わずに、自分の席に置いて帰っておられるけど


欠員補助のさとことぱにーニィは不規則出勤だから

やっぱり毎日持って帰らないとね。




翌日が休みでない限り
外食して帰るのが日課。


根性無しのさとこは
お風呂ん中でウトウトしてしまって
晩御飯つくる前に、くたびれて寝ちゃうです。


帰りの車ん中で、すでに半分寝かけてますしね。


ある日、里の母から、
「麩の煮しめとおから要る?」とメールがあったから

砂だらけの姿で里に寄りました。


母から渡されたのは 大きいお盆。


お盆の上には

煮汁のかかった煮魚のお皿や

葉っぱをあしらった炊きたてご飯のおにぎりの大皿

重たくて厚くて倒れやすい2人分のガラスの器に、酢の物とヨーグルトが


今、テーブルに並べる状態で並んでおりました。


里の母、

盛り付けの完成品を見せたいらしく

蓋つきの密閉の入れ物とかを使わないのです。


ちょいと待ってくださいよ。

これ、どうやって車に載せるの。これじゃブレーキも踏めんですが。


ラップをもらって 1個ずつ蓋をするけど

持ち上げるときにくっつき合って傾いてこぼれたり

砂だらけの車内にはまっすぐ置けるスペースもないし

身動きするたびに体から細かい砂が落ちる。


今日食べるのは無理だよって言うと
「頼むから食べてよ~」って涙ぐむ。

さとこだって、途方に暮れて泣きたい気分ですよ。


タッパーないの?って聞くけど、

里のタッパーたち、蓋がばらばらになっていて相手を探せないらしく

結局は何に入れても蓋無しなんですよね。

持って帰るのに困った母ごはん
もらって帰った、蓋のないごはんたち。休みの前日までお預けでした。




規格外のおネギを、帰り道の知人宅に配りながら帰ってくるのですが

それでも残るから


今日もおネギ、明日もおネギ。

フライパンすき焼き味うどんネギシチュー

たまにおネギ無し、

明太かずのこのっけピザ

そしてまたおネギ。

焼いただけネギ


簡単メニューとお総菜ばかりで


たまーに、こんなふうにがっつりお肉いただきたいときは。
  ↓
ギャートルズ
 (はじめ人間ギャートルズのマンモスのお肉、あこがれです)


ぱにーニィが作ってくれる、これ。

塩豚

塩漬けして2週間ほど熟成させた豚さんを

焼き目をつけて紅茶で煮込む。


原始人ほど歯が丈夫ではないので
薄切りでいただきましたが、

きっとマンモスのお肉とおんなじぐらいおいしいと思ってます

さあ、スタミナつけて
寒さ知らずですよ。
スポンサーサイト



[2018/01/25 04:46] | ・弥生さんがすぐに探したい記事のためのカテゴリ | page top
HK社の工事現場 盗撮日記。
とおるちゃん&さとこの巣と 製紙工場の間にあった水田に、
HK社の工場が建設されることになって

11月17日


昨年10月30日の着工から
工事は着々と進行中。

11月18日


大型トラックの出入りの地響きに「地震か!?」と身構え

頻繁にブーッと鳴るクラクションでは
きゃーっと飛びあがっていたさとこですが


恐る恐るカーテンの隙間から見ていると

ブ―ッは
どうやら、ショベルカーがトラックの荷台に砂利をすくって載せるときの
「はじめるぞー」「動いていいぞー」の合図だと知りました。


11月19日


ローラーで転圧し

グラインダーでコンクリートを削り

ユンボやショベルカーが法面整形する。


11月22日


ブッブーとか
ガガガガとか
カンカンカンカンカンカンとか
ゴゴゴゴゴとか


さとこ周辺、いろんな音で満ちてますのよ!


そんなわけで
パソコンに向かっても上の空。


同じblogさんを
何度も読み返しちゃったりして

すぐに挫折してたけど


だいぶん慣れてきましたー。




窓を開けて
重機の操作とか 堂々と眺められたら

めっちゃ面白いに違いない。


そんな勇気はないですけど…。


でも
盗み見とはいえ
普通なら立ち入り禁止に違いない工事シーンを

こんな間近で見られるってのは
さとこ、人生、得してますですよね。

12月2日


木枠で囲った土台に
鉄骨の格子が入れられて

これがビニールハウス棟の土間になるようです。


生コンミキサー車とポンプ車がやってきて

ポンプ車が太くて長いポンプから
セメントをオエーと吐く。


それを、
沢山の男衆がスコップで均してた。


あんなふうにするんですね~。


12月8日

住宅道路の側構も整備するみたいで

配管設備の資材っぽいものも
どんどん運ばれてきます。


近所に配られた協力依頼書によると

とおるちゃん&さとこの巣から西側はビニールハウス棟、
東側には作業棟が建つのですって。


12月10日

年末の数日は
この状態から目に見えての変化があんまりなくって

コンクリが乾くのを待っているのかなって感じでしたが


なんか、お偉いさんっぽい人が
打ち合わせみたいな検査みたいなことをされてました。




今年に入って、1月10日。


さとこはお休みで、
巣に一日籠っていたのですが


カーテンの向こうはこんな感じ。

1M先に沢山の工事車両

お゛お゛お゛お゛お゛~ ((((;´・ω・`)))

今日はまた激しいねー。


一日中ユッサユッサ揺れております。


カーテン開けてみたいけど

働くおじさん達と目が合ったら
どうしていいかわからない

弱気なさとこですし…。




でも、いいこともありますのよ。


普段、巣内で楽器演奏は控えておりますが


外がこんなに賑やかだと


ダンダカ弾きまくっても
ガンガン歌いまくっても

誰も、気にしないに違いない。


てなわけで
いつもは楽器を車に積んで、
ジャスコ駐車場や、河土手や墓地で自主トレしてますですが


ここんとこ、
平日の昼間は
巣で堂々と練習やっちゃってます。


今のうちに
まとめて練習しとこーっと。

[2018/01/11 04:12] | ・弥生さんがすぐに探したい記事のためのカテゴリ | page top
学習しないおとこぱにーニィ、ホテルインテリア同化事件。
若白髪が多いぱにーニィ、
お母さんの勧めで毛染めをしていたが

お母さんが亡くなってからは染めるのをやめちゃったので
すっかりシルバーなワンコ。

刈りたて。

いい色だし、似合ってると思うよ~

光が当たるとススキの穂みたいに輝くし。


ただ、この色が理由で、一瞬、ぱにーニィが行方不明になったことがある。


2017年5月、沖縄滞在中に起きた
その名も『沖縄、ホテルインテリア同化事件』 。




沖縄に行くときの、ぱにーニィとさとこのお気に入りのホテルは

那覇市前島にある、ホテル ピースランド 那覇。


だって、こんなにノビノビ広々だから。
  ↓
一生住みたいホテル。


滞在中、お互いの部屋に安否確認に
しょっちゅう行き来しておるのですが、

その夜、2時半の巡回に行くと、

あれっ。鍵は開いているがぱにーニィの姿が見えないぞ。


さとこが寝ていると思って、声をかけずに

近くのコンビニにロックアイスでも買いに行ったのかな。


それとも

「24時間今も開いてます」がキャッチフレーズのUNIONで

半額の沖縄お総菜を物色中かな。


 ↑ 
店内で、ほぼ24時間なっているユニオンのテーマソングです。


沖縄の人ならたぶん、
だれでも歌える「UNIONですから!」

  ♪ここはオキナワ みんなでおっきな和
  ゆこうよUNION みんなでユニオン
  24時間 今も開いてます
  勿論それは UNIONですから!

これ、一度耳にすると頭から離れません。


「UNIONですから!」を頭の中で歌いながらしばらく待っているとき、

室内にケータイが残されていることに気が付いたさとこ。


そういえば、ズックも草履もある。


変だなあ。


居るのかなと思ってうろうろ探したら
なんだか床が盛り上がっているように見えてきて…



うわああああああっ
死体が転がっている!!



気がつかなかった理由は

フロアの色と、ぱにーニィの肌の色、
そして

バスマットの白と、ぱにーニィの髪や着ているバスローブの白が
見事に一致して


忍者の隠れ身の術のように、床と同化していたから。


ここ、ここが現場ですよ
ココが現場


トイレのドアを開け
トイレに足を突っ込んだまま
うつ伏せで顔面をバスマットに載せているぱにーニィ。

ガイシャの状況


また殺されてるよー!


すっかり冷えて固くなってます。


顔は真下。まだ息があるのかどうか。


おーい。
戻ってこーい。


泣きそうになりながら何度も揺すると、
頭が動き、つぶれた鼻が見えた。


よ、よかったー。


顔面は平らになっても
息が吸えれば十分だ。


ようやく意識が戻った、
と、
ガサガサとトイレに引っ込み、便器に腰かけてまた泥眠している。


頃合いを見計らって
ベッドに引っ張っていきました。


ジグザグの突進歩行なので
どっかの角に頭突きで挑むかもと思うと、気が気じゃないわっ。




無事に朝を迎え


当然のことながら、「まったく記憶にございません」なぱにーニィ。


「沖縄に来たら泡盛だろう」って、

選ぶ寝酒はいつも、

くせがなくスイスイ飲める
「ユニオンですから!」

ユニオン限定

内地では手に入らない限定商品ってこともあって

お土産には必ず買っているんですが。


お酒に弱いくせに、なんで飲むかなあ。

去年もこんなことがあったでしょ。(※去年のこんなことについてはコチラ


もう、「ユニオンですから!」は、厳禁ですから! ヽ(`Д´)ノプンプン

今日も行っちゃうもん

…もちろん毎日行くんだけどね。


[2017/11/23 04:59] | ・弥生さんがすぐに探したい記事のためのカテゴリ | page top
夢より現実が怖い件。(沖縄でも)
沖縄日記、全然上げられていないので、もうぜんぶこっちゃまぜ、順不同で書かせていただいております。


これまた、9月の出来事。



沖縄ホテル滞在中、さとことぱにーニィは、お互いに巡回し合ってます。


鎮火したあと夕食会も解散となり、
さとこは部屋に戻って、お風呂に入りました。


その間、部屋のドアを閉めて(いつもは半開き)、電話の着信にも気付かなかったら、
「さとやん!なんかあったんか」と不安になったぱにーニィ。


隣からベランダ伝いにさとこの部屋に来ようと思ったらしい。


窓の桟でしたたか頭を打った。


ぱにーニィ、「こりゃ、やめろってことだな」と自分を納得させる。


そりゃーね。

誰が見ても、明らかに不審人物よ(笑)

しかも、火事見守ってた時、すでに二個、たんこぶ作ってるんですよ。


だから、たんこぶ三個。

学習しないにも程がある。


そんなわけだから、
さとこも心配で、明け方、ぱにーニィの部屋に行ってみた。


一晩のうち何回かは巡回しないと、

何か起こって手遅れだったら
取り返しつかないからね。


部屋を覗くと、

あり?ベッドにいないね。


トイレとお風呂、電気ついてるけど、
まさかお風呂か?
いや、たぶんトイレだろうな、と室内に入ったら…



蒼い月明かりが降り注ぐ中。

白いパイルのガウンの前をはだけたぱにーニィが、
エアコンの冷風が吹き下ろす真下の椅子に倒れ込んで、
灰と化した『あしたのジョー』の状態で冷たく固くなっている。


さとこ、腰が抜けた。


首を渡り鳥のように、人間ではありえない形に折りたたんで、
唇は厚ぼったく半開き。

血の気も引いて、身動きしないぱにーニィ。


心臓をわしづかみにされるってこんな気持ちのことだと知った。


「ぱにーにーぃ。」
恐る恐る、呼んでさする。


5分ぐらいと思われた数秒後、
「んー。ん?」


ぱにーニィ、首をへし折られたんじゃないのか!


死後硬直中のジョーがいきなり立ち上がった。

と思ったら、
でんでん太鼓みたいに、4本の手足をバラバラに振り回しながら急発進と急停止でジグザグにトイレに向かう。



ぱにーニィ、ゾンビになったんか!
浴室の窓に頭から突き刺さりそうだ。


さとこ、思わず「ひゃあーッ。」



すると、ぱにーニィがいきなり立ち止まって、さとこを見た。

「コレ、酔ってるんじゃないれす。
足がしびれているのれす。」


ぱにーニィ。
明らかに酔っているれすよ。


トイレに消えてから長い沈黙ののち、
ぱにーニィはまた同じように急発進急停止のでんでん太鼓で戻ってきて
ベッドに倒れこんだ。


よ、良かった…。

もしぱにーニィになにかあったら。


旅行保険の死亡時1億円をお兄さんに渡すとき、
「わたしがついていながらこんなことになってしまって…」と言えばいいのか。


この日は、さとこの誕生日。

こんなして迎えた誕生日、
心臓弱くなったなあと感じる、さとこ52歳でありました。


たまでもだめれす。
  ↑
たまでも駄目れす。


熊本を応援しよう!コールド越の誉

お気に入りの泡盛たち

初めて見ました

お味見したお酒たち。


酒は飲んでも飲まれるな。

なんちゃって。

[2016/11/20 00:07] | ・弥生さんがすぐに探したい記事のためのカテゴリ | page top
| ホーム |