ぱにーニィ、再び沖縄を目指すのか?
なんか、スカイマークが大変なことになっているよ。

今のうちに沖縄行かなくちゃ、なーんて焦っているところに、ぴよ子さんからのX'masプレゼントが点火をした。
犯人はこいつらです

ぱにーニィとさとこに一冊ずつ。


ぱにーニィ、一月初めなら、まだギリギリ動ける。


半蔵さんが利用した格安ツアーをきいて、まだあるか検索してみた。

あった!
1月5日から三泊四日で25200円也。


ぱにーニィ、お母さんの受診日が重なっているのに、観光会社に電話で問い合わせ、ギリギリ残室2部屋に飛び付き、ソッコー申し込んだ。

旅行保険手続きも同時進行。


お母さんの受診は、お兄さんが同行するか、診察日をずらすのか、どうにかしてもらえるらしい。


9月の沖縄初上陸とはうって変わって、なんて前向きなんだ、と感心してたら、「フランチェスコさんか、アントニオさんなら大丈夫だから」

前回の機長には命を託して良いらしい(笑)


てなわけで、ぱにーニィとさとこ、来年早々、再び沖縄の地を目指します。


近衛リーダー、お仕事、立て込んでたらわっさいびーん。
帰ったらひたすら働きますからね。


前回勇気が無くて会えなかった方にも、今度は連絡をとってみよう。

ぱにーニィがホテルでノビてて、さとこひとりだとしても、民謡酒場に行ってこよう。


琉舞の所作を習いたいけど、こんなロボットみたいな動きじゃ、無理だろうなあ。
市民学校とか、テーマパークの体験学習とか、披露宴の余響の専門塾みたいなところで、月1回とか、基礎だけでも習えないのかな。


締め太鼓って、いくらするのかな。
欲しいけど、カラオケボックスでの強化練習ができなくなるから、諦めるかなあ。
新しい楽器を入手するより、今持っている楽器を最大限に利用できるようにすることが先だよね。


などと考えつつ、この年末は、早めに年賀状も出せた。


昨日は、ぱにーニィにUNIQLOに連れてってもらって子供用フリースハイネックTシャツ490円と、流血時にも安心のウォームイージーブラックパンツ1290円も買ったぜ!

ズボンのSは、UNIQLOでしか探せないから、思い切って奮発しました。

丈は子供用で充分なんだけど、おばァとはいえ、骨格は女だから骨盤が張ってるんだよね。


さあ、アイドリング開始だよ!
スポンサーサイト
[2014/12/29 22:11] | ・不思議な感動がぎゅうぎゅう詰めの沖縄(古い順) | page top
さとこ、混乱。
慌ただしい季節のせいか、やりきれないほどブルー

抗不安剤を飲んでも効果なし。


気晴らしにと、沖縄でやりたいことをリストアップしてみたら、更に追い詰められた。


まずは、月曜日はゆがふうふうを見る!
まさか、お正月番組で中止なんてことはないよね…と沖縄テレビに問い合わせたら、ねぷリーグとやらの特別番組に変更になっていた。

…がっくり


もう、お正月明けの沖縄行きはやめておこう。
紅白民謡歌合戦とかは観たいけどね。


城下町でお世話になった沖縄料理店のママが首里でスナックにお勤めされてるから、お顔見に行かなくちゃ!

帰り道で、来年にはなくなっちゃう農連市場に足を運ぼう。


首里城には、当然また行きたい。
水曜日には琉舞の公演もあるから、これは絶対見逃せないし。


前回行き損ねた玉陵に、ぱにー二ィを連れて行きたいし、浦添のようどれや波上宮にも、今度こそ行ってみたい。


博物館見学もしたいが、これは1日では終わらないかも(笑)。


コンベンションビューローの案内で、『琉球モダンクラシック四つ竹』で琉舞体験の広告があったから、予約の電話をしたら、過去の企画だった。

しかたない。
遠いけど、むら咲むらに問い合わせたら、4名以上の企画だった。


ウシンチーの着付けを習いたくて、ひやみかちマチグヮー館に問い合わせたら、ただ、ウミナイビの衣装を着て記念写真を撮るだけだった。

うーん。今後の活用の参考にはならないなあ…。


意外に近い琉球新報のカルチャースクールで、見学と無料体験がある。

5日に八重山舞踊。
6日には八重山民謡。
とぅばらーまとしょんかねーと小浜節。
三線レンタルもある。

スゴくない?


電話で問い合わせたが、既に連休中。メールを送ってしまってから、後悔の念。
返事が来るまで予定が立てられないもんね。


当然、赤嶺の漫画倉庫とジュンク堂書店には行かねばならぬ!


そして、さとこは、地域のお客様に愛される回転寿司として沖縄の一番店を目指す 「グルメ回転寿司市場」 で、さば明太軍艦と、タコス風軍艦と、しまあじと、県産魚のくるくる寿司を食べるの!

ぱにーニィは、ひーじゃー汁とゆし豆腐とAランチが目標。


民謡酒場で、大城美佐子さんや、仲田幸子さんにお会いしたい。
我如古より子さんにもお会いしたいが、ちと遠すぎる。


りうぼうでは『王子の衣装展』と『ふれあいねこまつり』をやっているではないか!


最終日にはサンエーかユニオンで、じゅーるくにちー用の冷凍するるとスーチカーと三枚肉を大量買いしなくては。


やっぱり、沖縄は3泊4日の観光で行くのではなく、滞在するところだよーん。


[2014/12/31 02:40] | ・不思議な感動がぎゅうぎゅう詰めの沖縄(古い順) | page top
ぱにー二ィ、沖縄再上陸が実現。
ぱにーニィの運転で、空港に向かう。

スカイマークが撤退しちゃったらなかなか行けないってんで、このたびは、

ツアー問い合わせ

ソッコー申し込み

バタバタのうちに当日

の流れだった。


そのためか、ぱにー二ィ、前回ほどパニくってはいないみたい(に見える)。

それでも、地元の神社で交通安全のお守りとステッカーをもらってきてくれていて、さとこもトランクに貼りました。
「巻き添いはいやだからね!ちゃんと言うこと聞いて逃げなさいよ!」

何が起こるっていうんだよう(笑)


らすかる号の中で、「しまった!方位磁石を忘れた」

それでも、モーズン3錠をビールで流し込んでからは、ちょっとどうでもいい気分になってきたらしい。


前回同様、ビール飲む→しっこ行く→ビール飲む→しっこ行く のローテーション。


今回の機長は、フランチェスコさんでもアントニオさんでもなく、「コンリー」さんとの紹介だった。
ぱにー二ィ、耳慣れない名前にかすかに顔がこわばるが、カメラで空撮の準備で気を紛らわす。
仔細にチェック ただいま噴火中

そして、当然ながら、問題なく到着。
ぱにー二ィ、客室乗務員さんに、「どうもありがとうございました」と深々と一礼(笑)


弥生さんから応援メールが届いた。

「年末年始、じいちゃんばあちゃんたちと那覇に行ってきた娘が、今日、帰ってきました。
那覇に行ったメンバーは、全員もれなく風邪をひいたようです。
那覇は寒いと言っても、そちらよりは暖かいはずですよね。
会いに行けないのが残念ですが、堪能してきてくださいね。
テレビガイドをチェックしてみましたが、沖縄色の強い番組は無かったです。残念。(涙)」

やっぱりねー。しかたない、テレビは諦めます。
それに、今回は夜も外出するつもりだから、ちょうどいいかも。


やー。
弥生さん、沖縄、暑いっす。


とおるちゃんのジャンパーを脱いでトランクにしまい、すっかり乗り慣れたゆいレールでホテルへ向かう。


あ、でも、改札機、カードリーダーだったのが、乗車券読み取り部分がQR乗車券をかざすタイプに変わっていてびっくり。
せわしないぱにー二ィとさとこ、かざすのと同時に進んじゃうから、旅行中、何度も閉じ込められた。


今回のホテルは、国際通り。
ゆいレール県庁前駅からそんなに遠くない。

徒歩・ゆいレール・路線バス移動が基本のわたしたちにはぴったしです。


そして。
やー。沖縄、ほんと、暑いっす。
さとこ、カッティング跡に汗が沁みて痛痒い。


お腹は切るもんじゃないね!
屈んだり振り向いたりする身体の動きに合わせてよじれて引っ張られるから、その度に、密かに「あだだだだ


ホテルに到着。

消防署が真向かいにある。
ぱにー二ィ、「すぐ消火してもらえるがん!」とにこにこ。


チェックインには早い時間だったけど、お部屋はお掃除が終わっていて、入らせてもらえました。
4階。
あ、ぱにーニィ、お隣同士だよ!
良かったね。


空調がセントラルで、窓もさとこの力では開かないから、在室中はドアを開けてないと息ができないけど、それ以外は、照明もシャワーの調整も机の広さも申し分なし。

非常階段が使い放題で、七階のラスカルまで誰にも会わずに気楽に行き来できることも好条件。


逗留地での初マーキング(しっこ)も済ませ、さあ、身軽になって出掛けましょう!



[2015/01/12 14:14] | ・不思議な感動がぎゅうぎゅう詰めの沖縄(古い順) | page top
さとこ、新婚の思い出のくるくる寿司と再会。
以前、弥生さんに存在を教えてもらった沖縄バスマップ、すでにボロボロになってますが、ゆいレール圏外で大活躍。


地図好きのぱにーニィ、大喜びでバス停を確認している。


せっかくだから、初乗りは那覇バスターミナルから。
ターミナル横に、岩山のようにでっかい石灰岩にさらにでっかい木が聳え立っていて、びっくりこ。

御嶽かと思い、そろりと遠巻きに近寄ってみたら、『仲島の大石(なかしまのうふいし)』という天然記念物だった。
岩の下部に海水に削られてできたノッチがあり、かつて付近が海であったことを示しているらしい。

すっげー。
御嶽じゃないのなら、写真撮りたかったけど、いかにも神々しい気がしてやめました。



向かう先は美浜。浦添市方面行きのバスに乗り込みます。

新婚旅行でとおるちゃんと行った、あの思い出の回転寿司へ、今度こそ行くのよッ!


バスの運転手さん、ちょー丁寧。

「右へ曲がります」「左へ曲がります」
「まもなく赤信号なので停車いたします」
「通過いたします」
「発車いたします」
「次の停車場停車のため、スピードが変わります。ブレーキにご注意お願いします」

うちのほうじゃありえない。
大型車って、急ブレーキ・急発進・急加速はあたりまえなんじゃないのね。

路線図を見ながら、桑江で下車。


あったあった。
『グルメ回転寿司市場』。
ぱにーニィ、ここで間違いございません

あんときは、知らないお魚の名前ばかりで狂気したばかりか、一品物が、さーた天ぷら、ゴマ団子、田芋のコロッケやんむくじとか、あっさりスッキリ系がないのにどぅまんがされましたです。
だって、なんか、南国フルーツとかどっちゃりありそうなイメージじゃん。


県産魚とか、見慣れない名前を次々頼む。
シルマチ、アカマチ、タマン、ミーバイ、イラブチャー、かじき、ローニンアジ
海ぶどう、タコス風軍艦、もずく天ぷら、
海ぶどうおまち! やっぱりオリオンビール タコス軍艦ともずく天 勢ぞろい

もう、どれがなんだかわかんないけど大興奮。

もぐもぐ。
「にゃーっ」
おいしくてジタバタ。

もぐもぐもぐ。
「にゃにゃーっ」
美味しくて、さらにジタバタ。


満足!
菩薩様&とおるちゃんもいっぱい食べたかな?


ありがとう、ぱにー二ィ。念願叶いました。
今は、他にも何店舗かあるみたいだから、今度は、近場の新都心店にトライしてみましょーねー。


せっかくだからアメリカンビレッジのお店も一通り覗けたらと思いましたが、思いの外、移動時間がかかりそうだから、記念にマーキング(しっこ)だけして、さあ次はうるま市だ。
若い街だなー せっかくだからどっかでマーキングを… 5斤袋在庫ないよ!買う? 興味津々


夜は、野村流の琉球音楽教室見学のお約束をいただいていたのです。

帰りの最終バスがギリギリなので、中座しないといけないのが残念ですが、先生のお話や、みなさんの演奏をナマ拝聴できるなんて
わくわくはどんどん続きます。



[2015/01/14 15:57] | ・不思議な感動がぎゅうぎゅう詰めの沖縄(古い順) | page top
古典にどっぷり♪
一昨年、地元に野村流の伊礼正先生と上西真理先生が来られるという奇跡があり、さとこ、かぶりつきで聴かせて頂いて、いたく感激したのでございます。


先生方の演奏、もー聴けないのかなー 。くすん

フェイスブックしないから、情報が全くわかんないだよね。


秋に、先生とフェイスブック仲間の友人が沖縄行って、「伊礼先生にお会いしてきましたよー」と言われたもんだから、「はっさ、飛行機なくなっちゃう!今度演奏されるときあったら教えて下さい」って頼んでおいたら、
なんと、友人、

「さとこさんが先生の大ファンで会いたいそーですよ」
なんて言いやがりましたそうです!(笑)
しかも、
「それでですね、先生がぜひお会いしたいから電話下さいとのことです
約束しづらい環境はわかります
でも一応お約束して、当日体調が悪ければ申し訳ないですがって事でお断りすることにしたらどうでしょう
せっかくですから会ってほしいです、私としては(^O^)
伊礼先生は大らかな方ですから
例え当日キャンセルしても怒られる方じゃありませんから
どうか前向きに検討してみて下さいね(^○^)」

さとこがウツウツで、人との約束がパニック要素になることを知ってくださっているので…。


ただ、理由もなしにお会いする勇気は無くて、おそるおそるお電話させていただいたら、「練習を見学しに来られませんか」

それなら願ったり叶ったり
友人さん、ありがとうっ!


路線バスをしらべると、基地の通勤時間帯だけの連絡バスがあり、ちょうど良い時間。
やったー。
ぱにー二ィとさとこ、行きますーッ。


琉球音楽教室会場の健康福祉センター「うるみん」はうるま市。

帰りのバスがギリギリなので中座しないといけないのが残念ですが、とにかくチャンスは逃さないようにしなくっちゃ。
たった三日間の滞在なんだからね。


早めに到着したので、デイサービスの作品を鑑賞。

さすが沖縄色豊かだなあ。
うれしそーに三線弾いてるしーさーさん こんな御夫婦も


さあ。練習が始まりました。

琉球筝に笛、胡弓
すごいねー

今月、名護で演奏会を控えておられるらしく、緊迫感がみなぎっています。
はりつめた空気が心地良い。


名曲が続々。

題名覚え切れないよーん。
間違ったらわっさいびーん。


かぎやで風
作田節
豊節
早作田節
しょんがね節
本嘉手久節
汀間当
浮島節
ぢゃんな節
松竹梅の、揚作田節・東里節・赤田花風節
夜雨節

祝儀舞踊の曲が続々だ。


生のお話と演奏を拝聴できるのは感激です。

合間に、「まあまあ、足を崩して楽にして」といわれるんだけど、夢中でそれどころじゃないっす。

良いものを間近で観て聴ける環境。
ありがたいです。


差し入れの完熟しーくゎーさーを初めていただき、これまた感激!
完熟しーくわーしゃー

種もちゃっかり戴いて帰りました。
春撒いたら発芽するかな~


後ろ髪をひかれつつ、終バスの時間。
完熟しーくゎーしゃー、カバンにたくさん詰め込んでもらえました(笑)


演奏会、観に来たいけど、さすがに無理。
無念であります


先生は、毎月1回大阪でもお稽古をなさっておられるらしい。


工工四、買っちゃおうかなー。

でも、大阪に通うよりは、沖縄のほうが断然疲れないだろうしなあ。


さて、帰りのバス内で、ピンポンが手すりにあるのを発見し、記念撮影。
押すよっ、押すよっ♪
壁沿いにあっても、満員だと届かなくて押しそびれちゃうもんね。
車椅子のお客さんは、運転手さんが昇降介助と車椅子固定も全てやってくれるし、沖縄、どこまで充実しているんだ!


このあとは、地元の城下町で沖縄料理店をやっていたママが那覇に戻ってアルバイトされてるってんで、会いに行く予定。


このときはまだ、よもや徹夜になろうとは思いもよりませんでしたが…

[2015/01/15 17:14] | ・不思議な感動がぎゅうぎゅう詰めの沖縄(古い順) | page top
| ホーム | 次のページ>>