FC2ブログ
すぐまた行きたい沖縄 2016年。
(平成28年9月某日の出来事)


ぱにーニィ、お母さんが他界されてからは、もう失うものがなくなったので、
あんなに怖かったヒコーキ、平気になっちゃいました。


だもんで、さとこも沖縄に行ける回数がぐんと増えました。

まさか、ぱにーニィがこんなに旅行好きになるとはね。


さとこにしても、もう沖縄を訪れることは二度とないと思っていた時期があったのが、
うそのようですにゃ。

行ったからって、特にどっか観光するわけでもないんですけど。


今年は、6月のとおるちゃんとさとこの結婚記念日と、
9月のさとこの誕生日に。


予算の都合上、9月の沖縄行は、はてるま方面にはナイショ。
人数多くて、お土産がイッパイ要るからね(汗)


神戸からのスカイマーク便のツアーが、とってもお得なのですよ。

4泊5日で35000円前後。


一か月のお給料で、2回行けちゃうよ!



そして、更に、
ぱにーニィは今年は当たり年。


この間、競馬で勝ちましたって聞いたと思ったら、
次はパチンコで78000円とか。

「幸運ってもんは堰を切るように次から次へと流れ込んで来るからね!」と鼻高々(笑)


でも、それが、出発の前日だったもんだから、
「ヒコーキ墜落も当たったらどうしよう…」

ヒコーキ乗る前に運を使いきってしまったのではと、ビビってます。


つきがおちないようにって験を担いで、大急ぎで半蔵さんに夕食おごりに出かけて行きました(笑)





さて、出発当日の朝。

すっかり夜明けが遅くなって、
澄みきった空は、4時半になってもお星さまが降り注ぐようです。


寒くて、二畳敷キルトのコタツ敷をかぶって丸くなっておりました。

こんだけ涼しくなったら、ハンダマ(金時草)植え替えしてもいいだろう。


猛暑の間、台所で水耕栽培していたハンダマの挿し木を、ベランダの植木鉢に植えました。

金時草植えました

日中はやっぱり暑くて汗だく。

でも、太陽の位置が低くなって日影が増えてきたし、ハンダマ大丈夫だよね。


沖縄へ向けての最終準備に入ります。


沖縄からお土産を送る度に段ボール箱が増えちゃうから、
再利用できるように、今回は、重ねて入れ子状態にした段ボール箱に、身の回り品を積めて、すでにホテルに送ってました。


チェックイン前日に到着するよう逆算していたんだけど、思わぬハプニング。


なんと、柔軟剤が検査に引っかかっちゃったのです。


柔軟剤、いつも現地で買って、いっぱい残ってもったいないから、
今回は荷物に入れたんだけど、

送り状に『洗剤』と書いていて、郵便局員さんが『家庭用』と書き足してくださって、

地元郵便局はパスしたものの、
大阪の空港で足止め。


担当の方に依頼して、問題が無いか、箱を開封して確認していただく羽目になった。

担当者さん、すんません。


そして、肝心の身の回り品到着も、10日到着の予定が12日の午後にずれ込んじゃったもんで。


結局、準備する品が各2倍になっちゃった。

柔軟剤、捨てても、これからはやっぱり買うことにしよう。





夜。

お風呂に入り、待機していたら、ぱにーニィから、「さとやん、夕飯食べてないへん?」と問い合わせ。

餃子の王将に連れてってもらいました。


なんか、すでに旅行が始まっているようで、ぱにーニィもさとこもテンションMAXでありますよ。


一旦解散し、深夜の出発まで安静に。


まもなく、夜行バスで神戸へ向かうのです。

明日の昼には那覇の地。
うひひ。


いつもなら、1.7km先の最寄りの駅まで徒歩で向かい、列車でバスターミナルに向かうところですが、
ぱにーニィ 「ワン(俺)、お金持ちだから、タクシーで行こうぜ!

太っ腹(笑)。


気が大きかったのはそこまでで、出発時刻が近づくと、ビールという名の精神安定剤を飲み始め…。

バス待ち

さとこもセブンイレブンでスパークリングを買い出しして、

出発の乾杯

さあ、出発の祝杯だー!

スポンサーサイト



[2016/09/25 04:29] | ・2016年、すぐまた行きたい沖縄(古い順) | page top
夜行バスに乗って。
(平成28年9月某日の出来事)

夜行バスに乗って、早朝に神戸に到着。


窓は開けられないけど、各席に風の吹き出し口がついていて助かりますた。

ちゃんと消灯時間があって、真っ暗になるのにビックリです。


サービスエリアでトイレ休憩のときも、ほとんどの方が入眠中。


みんな、なんて有効的に夜行バスを活用されているんだ!



日曜日の三ノ宮。


夜明けにはまだまだ遠い早朝、結婚式二次会閉会直後と思われるフォーマルな衣装の若者達が、歩道ではしゃいでます。
一晩飲み明かすなんてさすが、若いなあ。


ポートライナーの始発は5時30分のようで、
それまで、『宮本むなし』さんに入りました。


居心地良いお店だなあ。


明るくて
テーブル席あって
店員さんは礼儀正しくて。


さとこはきつねうどん350円。
ぱにーニィ、寝覚めのトンカツ定食。
むなしで朝食

そして、ごはんとお味噌汁おかわり自由なんです。

ぱにーニィ大喜び。「これから、朝はココダネ!」


てか、さっきまで熟睡してたんじゃなかったの?

起きてすぐ食べられるなんて、野生ですか?





6月に初めて夜行バスを利用した時には、
平日だったためか、三ノ宮の街は真っ暗でひとっこひとりいなくて、

トラックびゅんびゅん通るし、
雨ざんざん降るし、

なんだか、しっぽまで濡れそぼったノラネコになった気分でしたが。


とりあえずトイレにマーキングに行きたいんだけど、
駅のシャッター閉まってるし、
公園にもない。

コンビニにもないのォ!

憧れの朝マックしようにも、
24時間営業のマクドナルドやケンタッキーが、 

…ない!?


やー。住所不定者には厳しいなあ。
神戸。

ってんでビックリーでしたが、
今思えば、暗すぎて探せなかっただけですかね。


前回と別の街みたいです。

あんなに探して回ったコンビニ、ファミマもセブンイレブンもローソンもしこたまあるじゃん!



24時間の居酒屋さんなんてのもあって、5時前なのに若者グループで賑わっていた。


やー。都会だなあ。
神戸。





始発ポートライナーから夜明けの街をながめる。


蛇が川面を泳ぐみたいにスイスイ進みます。
わーい。


神戸の街、超高層ビルがはるか向こうまでそびえたって、平成7年に震災があった痛々しさはありません。


今回もG7

明日はG7神戸保健大臣会合が開催されるってんで、
アチコチにトゲトゲの検問が見えました。


空港で手荷物預けて、
10時5分の離陸まで、ひたすらのんびり。



パニ友さんから、「さとこさん、飛行機乗るの恐くないの?」って不思議がられたけど
飛行機はね、ぜんぜん怖くないんです。

多分、死への恐怖感がないのと、
座席がみんな同じ方向を向いてるから?


そんなわけで、空港のロビーとか通路とかはめちゃめちゃ怖い。

こちらに進んでくる並列のお友達同士とか目に入った途端、
反射的に回れ右して足早にその場から遠ざかる。


誰がどう見ても不審人物ですにゃ。


あと、アナウンス前のピーポーパーポーっていう電子音が火災警報器のアラームみたいで超ビビる。

更に、子供ちゃんが泣いてると、一緒にパニック気分になって半泣きになっている。(笑)


一方、ぱにーニィは、
「さあ!呑んだくれるよ!」


朝ビールは一番搾りの神戸づくり。
神戸に来たなら

ヒコーキ、克服したんじゃなかったのお?


ところで、ポートライナーに貼ってある、すんごい気になるこの結婚式場のチラシ。
気になる。

「一つの星が流れ、そしてまた一つ輝きはじめる」
「無限の宇宙を彷徨った二つの流れ星が一つになり」

流れ星って、大気圏に突入して燃え尽きる小天体でしょう。


以前、『いちばん星を探せ!』とかいうアマチュアバンドコンテストに外れたバンドを集めて、
『ながれ星を救え!』ってライブがあって、そのネーミングがツボにはまったけど、


縁起を重んじる冠婚分野ではマズイへん?


なんてぼんやり考えながら、いざ。
沖縄へTAKEOFF。
[2016/09/29 00:02] | ・2016年、すぐまた行きたい沖縄(古い順) | page top
沖縄着いたら、まずは台湾精進料理。
(平成28年9月某日の沖縄滞在記)

那覇着きましたー。

那覇空港到着


明け方、とんかつ定食を食べたぱにーニィ、
沖縄の空気に触れて、一気に空腹になったようでございます。


沖縄到着初ゴハンは、
公設市場を抜けた先、那覇市壺屋の一角にある『金壺食堂』へ。

台湾の精進料理が、朝8時から夕方まで、いつでもバイキングでいただけますのよ。


必ず行くと決めている、さとこのお気に入り。

てか、さとこ、金壺食堂中毒なのです。


ほら。
こんなして、入りきらないほど盛りつけちゃう。

金壺バイキング


なくなると作りたてが追加されるお惣菜。

おかゆに滋養スープ。


これでなんと600円。

金壺1
金壺2
金壺3

『自助餐(ジージューツァン)』という、台湾ではポピュラーなビュッフェスタイルだそうで、自分で好きなだけ盛りつけます。


ぱにーニィも夢中。

夢中。

6月に来て、そしてまた今回も。

そしてまた

さとこはお粥ですが、ぱにーニィは、スープとごはんが止まらない(笑)
お粥

スンシーにわかめ和え物
お豆腐青菜に
セロリ炒め

お料理だと、写真おっきくなっちゃうなあ。


優しいお味のお料理が、身体に染み渡る感じっていうんですかね。

ここのドアを開けただけで、ああ、帰ってきたなあって、懐かしさがこみあげる。


沖縄に住んだら、毎日来ちゃうかもよーッ
[2016/10/03 03:58] | ・2016年、すぐまた行きたい沖縄(古い順) | page top
一生住みたいホテル。
(平成28年9月某日の沖縄滞在記)

今回は初めてのホテルですのよ。


那覇市前島にある、ホテル ピースランド 那覇。

ホテル着きました

チェックインまで持ちこたえていたかのように激しく降り始めた雨。

とおるちゃん&菩薩さま、いつもありがとー!


さて、シングルは、窓が無い部屋もあるそうで、
閉所恐怖症のぱにーニィのために、事前に窓つき部屋の指定が可能かを問い合わせておりまして、

なんとっ。

「シングルのお部屋が満室でしたので、同額でツインのお部屋をご用意いたしました。
シングル以外は、どのお部屋にも窓はございますから大丈夫ですよ」との、
夢のようなご回答。


はい、ごめんくださいよー。

入室して、その広大さにびっくりー。

広々

いつも、両手に荷物持ってたら、ドアからベッドまでカニさん歩きっていう幅が定番なのに、
何ですか、この広さ。


しかも、電子レンジある。
冷蔵庫は、冷凍室と2ドアタイプ。

なんと、冷凍庫付き冷蔵庫に電子レンジ

お風呂も、浴槽広々。
リンスインシャンプーじゃなくて、シャンプーとリンス別だし。

湯当たりしたら、洗い場に4人は寝られるへん?

ゆったりバスルーム

トイレは広い洗面所の隣です。

バストイレ別はありがたい

スキューバの方々は、ベランダにも、道具が干せますね。

ベランダの向こうは雨の町

コーフンしながら、ぱにーニィのお部屋チェックに向かう。

お隣同士

なんとこちらも。

違うとこっていえば、サイドテーブルの位置と、
冷蔵庫の容量ぐらいでした。

ぱにーニィの部屋

こっち、さとこのお部屋。

さとこの部屋


なんて快適なんだ!

板張りのフロアに、ふわっふわのソファとテーブル。

広々ビジネス机。


わーん。ここにずっと住む―!


ってなわけにもいかないので、
さあ、そろそろお出掛けしますかね。
[2016/10/07 00:44] | ・2016年、すぐまた行きたい沖縄(古い順) | page top
沖縄生活ごっこ。
アメリカー統治時代を彷彿させる。
B円使えそう

若大将。

街景1

ぜひよんでいただきたい。
賢い犬を飼っているらしい


さとこ、旅行先でのお楽しみは


・訪問先トイレは最大限に活用し、マーキングして自分のナワバリ拡張に酔いしれる。


・ラスカリング(お洗濯)。

チェックインしたらまずは1ラスカル。

チェックインして最初に使うもの

これは6月の滞在ホテルです

沢山の洗濯物に囲まれると、生活臭が出て、
「滞在しています感」が増す。


・室内のお掃除。

もー。
引越してきた気分で沖縄生活のおままごとができちゃいます。


とおるちゃんとリゾートホテルに来たときなんか、
まずはトランクをカラにして、クローゼットの中に二人の荷物をしまうことから始まるってくらいでしたからね!


んで、
ハウスクリーニングの七つ道具の中から、
ヒコーキのレントゲンにパスしそうにないモンキースパナやドライバー類を除いて
必携アイテムをいつも持ってきているわけですが、


わあ。

お風呂のカランに、石灰がこびりついて鍾乳石みたいになってるー。

石灰分が多いお水は、使ったらすぐに拭かないと、
あっという間に石灰化して、乾くと取れないから
お掃除タイヘンなのよね。


湯船に浸かりながら、
持参のクエン酸をふりかけ、ラッピングして溶かして、
プロ用スポンジできゅっきゅっ。
浮いたところは専用ヘラでそっと剥がす。


この写真は国際通りのホテルに滞在中の時なんですが。
びほー↓アフターあふたー

毎日使うから仕上げの磨きはしてないけれど。


チョー楽しいっす。


シャワーも目詰まりしてるなあ。

いつもなら目打ちを使うところだけど、
ソーイングセットの待ち針と安全ピンで地道に開通させる。

ヨシヨシ、水圧がソフトになったぞ。


さて、お風呂から上がってお水を一杯。

冷蔵庫を開けると、


わあ。

冷凍室、お水がこぼれたまま、厚い氷と霜がいっぱいで、
製氷皿と棚とアルミのトレイが氷漬けになってるー。


さとこがチェックアウトしてから次の人がチェックインするまでに
これを解凍するの、絶対無理だよね。


冷蔵庫のコンセントを抜いて、ドアを開けて数時間。


氷が緩む音を聞きつけては
板氷を少しずつ気長に剥がす。

洗面台に板氷がガラガラ~。

おおっ。
流氷みたいですにゃ!



さとこの処世術。

武士道と云うは磨く事と見付けたり。


いや、死ぬ気になって一生懸命にやっているわけではないんですけどね。

そして、さとこ、武士じゃないです。
ちょっと使ってみたかっただけ


こんなコマーシャルにも食いついてしまう、沖縄滞在中のさとこでした。そうなの!
[2016/11/17 00:12] | ・2016年、すぐまた行きたい沖縄(古い順) | page top
| ホーム | 次のページ>>