ゆし豆腐について熱く語るの巻。
ぱにーニィがヒコーキ克服して、一緒に沖縄行けるようになってからというもの
食べられる郷土料理の種類と量が格段に増えました。


必ずいただくもの、ゆし豆腐。

ゆし豆腐100円

沖縄ではほとんどのスーパーマーケットや食堂で販売されていて、
全く珍しいものではないけれど

カルシウムの粉末と化したとおるちゃんと生身さとこだけでは
絶対食べきれなくて、欲しくても買えなかったのです。


こんなして、ビニール袋に入れて売られている。

アツアツを購入しましょうね


ゆし豆腐は、沖縄の郷土料理のひとつで、
豆乳に海水やにがりを入れただけで枠に入れて固める前の、やわらかいふわふわ状態のお豆腐。


本土の汲み豆腐とかおぼろ豆腐に似ていますが
お水を捨てて豆腐そのものを食べるおぼろ豆腐と違って、
ゆし豆腐は、お汁も美味しくいただきます。


豆乳とおぼろ豆腐の組み合わさった、濃厚な汁物って感じです。


入荷時間の案内


大豆の風味とほんのり塩味で、
できたてのアチコーコー(熱々)のものが最高に美味しく、
さとこ、病みつきなのです!


よほどタイミングがよくないとアチコーコーにはお目にかかれませんが、

スーパーでは、大抵、こんなして入荷時間が書いてあるから、チェックしておけばオッケー。


パンの焼きたてとおんなじ感じですね。


とは言え、これを買うということになると、
炎天下の暑い中、肩にずっしり食い込む重さのカイロを持ち運ぶことになるわけで

…ちょっとMなひと向けですね!

ってわけで、いつもぱにーニィが持ってくれる 

2016年6月ゆし豆腐

この出来立てゆし豆腐は、県外では手に入りません。

1972年の本土復帰以降、食品衛生法により豆腐を水にさらして販売する事が義務付けられたからです。


でも、沖縄県内に関しては、
食文化の維持などを理由とした陳情の結果、
温かい豆腐をそのまま販売する特例が許可されているのだそう。


こんなパック入りのも出てますが、
これは日持ちするように冷ましてあるので、
  ↓
ミーバイの高さにびっくり
  
やっぱり、沖縄に来たからには、
県外では入手できないビニール袋入りをいただきたいわけであります。


てか、この写真左下のミーバイの煮つけ、
お惣菜にこの1180円のお値段は、高すぎだへん?


反省してます。

もう買いません。


ゆし豆腐開けました


初めのころは、ビニール袋から湯呑みにどぼどぼ移しておっとっとだったけど

ぱにーニィが、コンビニのボックスに入った氷を買ってくれて
氷は袋に移し替えて
空き容器をゆし豆腐用に。


これ、ナイスアイデアでした。


お陰で、美味しいお汁を、こぼすことなくすべていただけます。

てか、これでも半分ずつしか入らないんですけどね。

お部屋ごはんにゆし豆腐は不可欠

お豆腐やさんによって、かたまり具合や豆乳の色がちがうの、わかります?


ホテルお部屋ごはんでこんなに食べているにも拘わらず、
やっぱり食堂でも注文してしまう、ゆし豆腐。


すばとゆし豆腐

だってこれ、サイドメニューで100円なんだもん。


そのままで塩味が丁度いいのですが、
おしょうゆをかけていただくほか、
食堂では、おみそ汁などの具になってたり、沖縄そばにのっかってたり。


ゆし豆腐そば

これ、ゆし豆腐そばです。


こうなると、
そばがメインなのか
ゆし豆腐がメインなのか


沖縄県民でないさとこには
ちょっちゅ、わかりかねますね~
スポンサーサイト
[2017/03/12 19:31] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
沖縄ちゃんぽんがある大衆食堂が好きです。
初めて知ったのは、とおるちゃんと通っていたS県の沖縄料理店ですが、
以来、沖縄滞在中、一度は注文せずにいられない、
沖縄ちゃんぽん。


沖縄でちゃんぽんというと、
野菜炒めを卵でとじたおかずがオン・ザ・ライスで登場する、丼的なメニューです。


キャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・青ネギ・にらなどのたっぷりお野菜と
豚肉やコーンビーフハッシュ(ダイスカットのポテト入りのコンビーフ)やポーク(ランチョンミート)・かまぼこなどを炒めて
卵でとじる。


観光客が長崎ちゃんぽんと間違えて注文し、麺が入っていないことで肩をおとす方が多いそうで、
店員さんから「ごはんだけど大丈夫?」と聞かれることもあります。



こちら、泊港にある、ぱにーニィお気に入りの船員会館。
  ↓
船員会館1

1階にある食堂、『いかり屋』さん、
平日のお昼は、
海で働くオトコのためのがっつり食べ放題格安ビュッフェに参加できますのよ。

船員会館2海の男と一緒にお昼ご飯


ぱにーニィのお父さんは外国航路の船乗りさんだったから、
家族が揃えるのは、いろんな港の船員会館。

懐かしい思い出がたくさんあるのでしょうね。


レストラン『いかり屋』さんのちゃんぽんは、こんなです。

船員会館ちゃんぽん

ポークともやしとキャベツたっぷり。
確か、『選べるそば定食』880円だったかな?


たっぷりお野菜のいろんな歯ごたえが病み付きなのでした。





続いて、
那覇市牧志にある、『食堂花笠 2号店』。

食堂花笠

『花笠食堂』ってお店もあちこちにあって、
食堂花笠と花笠食堂はどうやら別のお店のようで、メニューが違います。


食堂花笠入ります

こちらは、出てくるお茶が砂糖入りのアイスティーでびっくり。
残さずいただかなくちゃ、と焦った、青い時代もありましたねえ…。


ちゃんぽん、600円、これです。
汗だくの体が欲しがる味くーたー(シッカリ味)な1品でございます。

食堂花笠ちゃんぽん


歩き回ってぐったりだったのが、
さあ、次はどこに行こうかなと思えてくるから不思議。





そして向かうのは、
食堂花笠さんからも近い、那覇市第一牧志公設市場。


国際通りから市場本通りを曲がった奥にあります。


アジアンチックな雰囲気全開の市場周辺は、心地良いゴチャゴチャ感に溢れていて、
居るだけでコーフンしちゃうさとこであります。


公設市場の中。
 ↓
公設市場

1階は精肉部、鮮魚部、生鮮部でして

定番の観光地ではありますが、
人が多いのがドキドキなさとこは、一人では入れません

お刺身チョイス

この日は、夜はホテルのお部屋ゴハンにしようって言って、
こんなして、お好みの鮮魚を選んでお刺身盛り合わせを買ったにもかかわらず、

2階の食堂に行ってしまいました。

わははは。


だって、お食事4回(4泊5日の滞在中、外食は1日1回として)では、体験してみたいお店をまわりきれないんだもん。


公設市場2階で

お2階には10店舗以上の食堂があり、食事時はかなりの混雑具合ですが、
空いているお店を狙えばとっても静か。


1階で販売している鮮魚を持って行くと、
調理代500円でお好みの方法で調理してくれる提携店と、

1階と提携してなくて、正規のメニューだけの店舗とがあるので、
そういうところは空いているようですね。


なんてお店かわからず、お値段も忘れましたが、
こちらのちゃんぽん、びっくり!

公設市場ちゃんぽん

ポークが入っているのに、さらに三枚肉がどーんと載っている!


しかも、路地で買ったお惣菜やおにぎりの袋を椅子に置いていたら、
わざわざ、「メニューから注文したら、そのへんで買ったものも開いて食べたらいいよー」だって!


び、びっくりです。





リピートしたいところばかりだけど
初めてのお店で発見や出会いがあるかもしれないし、


そして初めてのお店では、必ずメニューに『ちゃんぽん』の字を探してしまうさとこなのでした。


食堂なら、どこに入っても、ほぼあるんだけどね、
ちゃんぽん!
[2017/02/18 04:09] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
宮廷料理イナムドゥチ。
はてるまからイノシシのお肉をもらいました。


どんなしていただこうかな。


先日、新年会で出たイノシシ汁、血抜きがばっちりで、全然臭くなくておいしかったけど、
自分では、あんなん作れないしな~。





さとこは、イナムドゥチが大好きです。

ディープなイナムドゥチ体験は、コチラの記事から
 ↓
那覇の早朝。ノーレン体験。


イナムドゥチは、沖縄県の郷土料理。

甘めの白みそ仕立ての具沢山のお味噌汁で、
お正月やお誕生日や、お祝いの席に登場するお料理のひとつです。


語源は「猪もどき」だそうでした。

小型で、臭みのないリュウキュウイノシシというイノシシのお肉を使った宮廷料理だったとか。

イナムルチと書いてあるお店もあります。


そのイナムドゥチが美味しいお店として教えてもらった、『ふみや』さん。→(琉球料理 ふみや 本店

ふみや


すっかりお気に入りになり、
また訪れてみました~。


こちら、フーチーバージューシー(ヨモギの炊き込みご飯)がお代わり自由なんですよ!


さとこは、イナムドゥチセット、1,000円。

ふみや1


ぱにーニィは、煮付けが美味しい、たしか、ふみや定食1,500円。
写ってませんが、フルーツ付きです。

ふみや2


琉球王朝最後の激動のドラマ、NHKの『BS時代劇テンペスト』でおばぁが食べさせてくれるようなお料理がずらーり、全部で10品。

ひと通りの琉球料理をたっぷり堪能できます。


ミミガ―(豚さんのお耳)の酢味噌和え、モズクの酢の物。

みみがースヌイ

ンジャナ(苦菜)の白和え、じーまーみー(落花生)豆腐。

ンジャナじーまーみー豆腐


んで、これがフーチーバージューシー。

ふーちーばーじゅーしー


ばくっとほおばった時のふんわりヨモギの香りがたまらない。

お代わりいかがですか、と勧められるけど、
おかずが多すぎて、涙を呑んで辞退でしゅ。


そして、しっかりとろりとコクのある、甘めのイナムドゥチと、
優しい甘さのドゥルワカシー。

いなむどぅちどぅるわかしー


ドゥルワカシー(泥わかせ)は、ターンム(田芋)を煮崩してよく練ったもの。

ねっとりと粘りの強いターンムの食感と、椎茸や豚肉のお出汁が、いかにも身体に良さそうなお味です。


どれをとっても、大好きなお料理ばっかりで、ワクワクしますね。


ワクワクと言えば、もうひとつ。

このお店のこのお座敷スタイル、年配の方にも好評なので、
くつろぎの生のウチナーグチ会話を聞き放題。
 ↓
るるぶさんからお借りしました
 (るるぶさんからお借りしました)


この日も、おしゃれなよそ行きに身を包んだ70代前後の10人ぐらいの団体さんがお見えでした。


同窓会にしては少ない人数だなあ。

法要かな?

いや、もしかして、模合(頼母子講・無尽講。複数の個人や法人がグループを組織して一定額の金銭を払い込み、定期的に1人ずつ順番に金銭の給付を受け取る金融相互扶助システム)かな?


何気に、ウチナーグチの会話をヒヤリングいたします。


人生相談、体調不良と祖先様のお知らせ、あの人は今、‥など。


登場人物も人間関係も全くわかりませんが、
沖縄のゆんたく(おしゃべり)を堪能させていただきました。


やー。
今日も満足度100%だったね!


ニコニコ明朗会計で、そろそろ失礼しましょうか。


お支払いの時、領収書を希望すると、
あて名は自分で書いてくださいね。


なぜなら、店員さんは中国人なので、日本語が苦手だからのようですね。





沖縄のスーパーには、
こんにゃく・戻した干ししいたけ・カステラかまぼこを短冊切りに下ごしらえしたものが、でっかいビニール袋に入れられて、ドーンと売ってるのを見かけます。

あれ、中味汁やイナムドゥチ用じゃないのかな。


いちど買ってみたいけど、日持ちしないし重た過ぎて、内地にはとっても持って帰れません。

だれか、愛用しておられる方、感想教えていただきたいなあ 
[2017/01/26 19:23] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
お手軽な すばじょーぐー(沖縄そば上戸)なので。
沖縄そばは大好きですが、

どのお店で頂いても、
フツーに美味しいと思ってしまう。


やっぱ、沖縄の空気ですかね。


てなわけで、グルメ情報をめくってもさほどときめかない代わりに

「お値段以上」が大好きなぱにーニィとさとこにとって、
こういう貼り紙はたまりません。
 ↓
これはぜひいただかないと

沖縄すば、中は200円、小100円。
天ぷらは一個60円です。


おもろまちのこちらのお店、『卯家』さん。

卯屋さん

さとこ、「てんぷら」とか「さしみ」とか「弁当」って看板に
著しく反応してしまうので、

ぱにーニィにも、伝播させてしまった模様です。


カウンターのショーケースに、天ぷらとおいなりさん。

セメントの床に、
カウンターに椅子が少し。

多分、冷房無し。


ちっちゃな厨房に、やさしそうな年配の男性がちょこんとすわっておられる。


カウンターに貼ってあるこのうさぎさん、可愛いなあ。
お孫さんとかがつくったのかなあ。

妙にカワイイ


すば(小)を注文すると、
店主さんがアルミの片手鍋でおつゆを温め始めます。


これで360円。

卯家さんにて


懐かしい感じのすば。
いいなあ。


天ぷらのショーケースには、豆腐やポークやインゲンや玉子もあったけど、

おなかいっぱい (←実はさっきご飯たべた) だから、
おさかな、いか、ウインナー、サツマイモをひとつづつ。

天ぷらにはウスターソースと七味

ウスターソースと七味唐辛子が定番と教わり、
けっこうハマっています。


早速…

こちらのすば、20歳のときに初めて沖縄旅行で食べたのにソックリ。


麺がボソボソして、
スープはあっさりカツオと昆布で、
紅ショウガと小口ネギ。

これこそすばって感じがいいんだよね!


あっ。
かまぼこではなく、ポークが入ってる!

おいしーねー

完食。


おなか一杯なのに、窓枠に並んでいる常温のルートビアが欲しくて、
買っちゃいました。


おもろまちでお食事したら、沖縄県立博物館美術館へ向かうのがいつものパターンですが、

食べ過ぎで歩くと横腹痛い上に、
強い日差しは堪える。


自業自得ですにゃ(笑)。




そして、空いているとうれしい、夜のフードコート。


赤嶺のまんが倉庫で県産古本を大量確保した帰り、

肩にずっしり重い荷物をぶら下げて立ち寄るのには、
ゆいレールの小禄駅と直結のイオンモール 『イオン那覇店』がとてもありがたい。


しかも、広すぎず天井が高すぎず、
随所に柱もあって隠れられる、
さとこにはもってこいの居心地の良さ。


フードコートの『本家亀そば』さんが、最近のお気に入りなのです。

シャッターチャンス


この海老そば(小)は760円。
えびそば

海老ちゃんおっきいし、
お野菜いっぱいだし、
つるつる細麺でエスニックなお味が、
新鮮ですてき。


沖縄の大衆食堂の定番メニュー『Aランチ』好きのぱにーニィは、
AランチがあればどこでもAランチ。

Aランチすば付きです

Aランチ880円の構成は

でっかいとんかつ、ポーク玉子、チキン唐揚げ、エビフライ、メンチカツ。
ゴハンとマカロニサラダのワンプレート。


Aランチにはポタージュがついてるのをよく見ますが、
すばがついてるのがいいのよね。

しかも、きくらげ入りってのがたまりません。


さすが、おそば屋さんのAランチ!


てなわけで、
きっとまたイオン那覇店フードコートで同じメニューをいただくに違いない、
次回の沖縄。


いつ行けるかな~
[2016/11/28 03:53] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
ぱにーニィとさとこ、崇拝する画廊の御主人に再会。後半の後半。お父さんできた!
画廊の御主人は、早朝からお忙しかったと聞いていたので、

お疲れのところ、また那覇まで送っていただかないといけないのが、なんとも心苦しいのですが、


実は、ぱにーニィとさとこにとっては、
この時間が最高に楽しい。


道々に話してくださる苦労話。

御主人のことを教えていただけるのが、うれしくてたまらない。


お子さんとの愛情に満ちたやりとりのこと。
お母さんの思い出、昨年亡くなられるまでの介護のこと。


お弁当が持っていけなかった小学生時代のこと。

「クラスの仲間は今も付き合いがあるよ。

クラス会に誘われるけどね、行かなかった。
こんな仕事だからね。
やっぱり、遠慮しちゃうでしょ」


服役時代のお話し。

「あの頃の食べ物は粗悪でね。
看守がピンはねしてたから
服役者は、お腹が空いてガリガリで、

今は、監査が厳しくて、予算を使いきらないといけないから、
週に三回メロンが出たり、握り寿司が出たり。
昔と今じゃ、地獄と天国だね。


お茶に幻覚剤を入れられて、
暴動が起きないように、就寝薬を配られて、
みんな、頭がおかしくなっていたよ。

僕は、これが幻覚や幻聴かと思ってね、
分かってしまえば、それを逆手にとって楽しんだの。

自分の精神を鍛えるために、独学で空手を始めたよ。


学校行ってないから、
これが自分に与えられたチャンスだと思って、がむしゃらに図書室の本を読み漁って勉強したよ。


色々あって、もう自分は終わったと思うこともあるけど、支援してくれる人がいっぱいいてくれるからね。」


画廊の御主人の人徳は、たくさんのひとを魅了するのです。





画廊の御主人は、コザ騒動を一人の死者も出さずに収めるよう尽力した方のひとり。


1970年12月20日未明に、
沖縄本島中部のコザ市で、アメリカ軍兵士が起こした交通事故をきっかけに、大暴動が発生しました。

アメリカ軍兵士が優遇されるのに対して、沖縄県民が不当に差別されるという不満の積み重ねに、
コザ市民の怒りが表面化したものです。


「あの事は、あの時、その場にいた人しかわからない。
あの後も、何度も何度も、基地に連れて行かれたよ。
正しい情報は伝わってないよ。」


コザ騒動の本は読んだけど、
画廊の御主人たちの働きに関しては文献になっていないらしい。

スゴい偉業だと思うのに、なんでその人たちの名前は伏せられているのか。


事実は、誰かの都合がいいように、作り替えられていく。

正しい歴史の証人がいるうちに、記録を留めておいてほしいなあ。


「沖縄はね、古い大和と中国とアメリカーの影響をたくさん受けた、チャンプルー文化でね、
アメリカーの占領時代があって、沖縄の今の復興があるわけよ。」


基地の問題は、うちなんちゅだからこそ、いろんな視点からの思いがあって、奥が深すぎる。

さとこの頭では、きっと、答えは出ないままでしょうね。


ホテル前まで送っていただき、夢心地のぱにーニィとさとこ。


ところが、素敵な思い出の中に、濁りが一点だけ。


お会いした翌日になってから、さとこは大変なことに気づきました。

大好きな人に会うのに、眉毛を描き忘れていたよ!!


あぎじゃびよ。

「あぎじゃびよ」は、自分自身に対してなんてこったという気持ちで、
失敗した時やうっかりした時に思わず発する沖縄方言です。


あぎじゃびよ。立ち直れまへん。





その後。
内地に帰ってからお礼の電話をしたら、

「また、来るときには連絡しなさいよ。
あんたがた、僕のこと、沖縄にお父さんできたと思ってくれたらいいから」


その言葉に、さとこ、号泣。


「お父さんは失礼だよ。歳が一回り上なんだから、まだお兄さんだ」
とぱにーニィは言うけれど

『お父さん』って、偉大な存在の代名詞でしょう。


やっぱり、「たーりー(尊敬を込めてお父さんを呼ぶ場合)」と呼ばせていただこう。


ターリー、夢のような1日をありがとうございました。


初めて出会った時のお言葉、「沖縄の歴史を知ってね」 を、胸に刻んでいます。


てなわけで、
沖縄来た時は、かならず古本屋で県産本を大人買い。

県産本2

県産本3

県産本4

回し読みするつもりでも、
読んで面白かったのは、やっぱしもう一冊買っちゃったりして。

県産本

県産本1

こんなして、情報ばっかり手に入れるから、
ぱにーニィ、ライブの時、演奏より語りに忙しい。

「曲10分、話50分でいいかなあ」


ターリー、ちょっとお説教してやってください(笑)
[2016/11/25 01:03] | ・すぐまた行きたい沖縄2016年 | page top
| ホーム | 次のページ>>