レメロン vs 歯科衛生士。
半年に一度の歯科検診。

脳みそも骨もスカスカだから、今更診てもらっても…って思うけど、やっぱ、歯は大事よね。


治療済みの虫歯の根元が、若干悪化していた。

さとこは下顎に比べてやけに歯が大きく、しかも、ご丁寧にも親知らずも漏れなく四本そろっているために、下の奥歯は左右とも内側に大きく傾いていて、磨きにくいことこの上ない。

もともと、ビーフジャーキー・バケット・スルメ・昆布の類の、『むしりとる・歯でそぎとる・噛み砕く系のワイルドな食品群』を好み、「揚げ物は骨ごと摂取するのが望ましい」と豪語して歯だけは酷使していたので、X線には写らないのに、噛みしめると出現するヒビが無数に存在する。


研磨剤が入った歯みがき粉は使わずにブラッシング・舌苔ブラッシング・フッ素付きフロスでフロッシングに加え、子供サイズですら届かない部位はポイントブラシ使用と、かなり気を使うが、それでも虫歯が進行していた。

今回は薬を塗って様子を見、7月のメンテナンス時に進行していたら治療開始になる。


生活習慣聴きとりの後、食生活を更に制限(できるだけですけど)された。

 間食 ×
 甘いもの ×
 固いもの ×
 スポーツドリンク ×
 酢の物 ×

歯磨きが終わったら、フッ素濃度が高くて研磨剤が少なく、殺菌成分が入った歯みがき粉で口をすすぎなさいね。
できるだけ口の中に食べ物が入っている時間を短くし、食べたらすぐ磨くこと。
あ、酢の物を食べたあとは既に歯の表面が溶けているから、暫く時間をおいてから磨くのよ。
キシリトールガムも、短時間ならいいけど、噛み続けてはだめ。


さとこは、もともと試験勉強やレポートなどの、読むときや書くときに噛みながら考えをまとめる習慣がある。
ブログを書きながら気を失うのがさとこの日常。

レメロンの食欲増進&眠気誘引作用に打ち勝つのは至難の技でございます。




スポンサーサイト
[2014/02/13 17:09] | ・さとこーさとこ´ | page top
お裁縫のお時間
ぱにーニィがミシンを買った。


わたしは高校生のときに、母が誕生日プレゼントに買ってくれてはいたんだけど、家出しちゃった手前、里から持ち出すわけにはいかないから、直しは、リフォーム屋さんに出すか、手縫いでできる範囲だけ。

ヤッター。早速貸してもらう。

まずはとおるちゃんのフリースをさとこサイズに直します。

とおるちゃんの服の一枚一枚に思い出と歴史が詰まっているのに、捨てるなんて出来ないし、古着屋にも持って行きたくない。

かと言って、はてるま父や端井の義妹の夫にも甥のいじゃーくんにもデカすぎ。
とおるちゃんの友人だって、古着をもらっても困るだろうし…。


夏物は石垣の由布人センセーに送ったけど、それでも、まだまだ沢山ある。


よし。さとこが着よう。

パンツやTシャツは、そのままでも夏の部屋着に活用できた。

パジャマは、とおるちゃんのカルシウム入り猫ポットをくるんで、抱き枕代わりに抱えて寝てた。


今度はフリースだ!
袖を切ってゴムを入れる。
切り取った袖は、裏の胸ポッケにした。

ヤッター。
ブカブカだけど、着れるよ。


1万円の輸入ミシンは、さすがにブラザーやジャノメとは違って、使ってみるとあれこれと不都合だらけ。
セットの糸はすぐに切れるけど、とりあえず、ぱにーニィんちの開け放しのドアの仕切りカーテンは今のところはまだ、ほころび始めてはいないみたい。

ウィンドチャイム用の手下げ袋を作ったら、針は二本曲がり、一本は折れた。
押さえと針の位置が上手く噛み合わないみたい。

押さえが弛いから真っ直ぐ縫えない。
ジグザグ縫いをすると、心電図の波形のよう(笑)


こんだけ酷い縫い目なら、自分の分だって一目瞭然だから、これはこれで、アリかな?
[2014/02/04 19:28] | ・さとこーさとこ´ | page top
年頭にあたり
はてるま母が持たせてくれた、テイクアウトお節。
今年も御屠蘇が進む♪
ジューシーも焚いてうさぎたあと、美味しく、ありがたく頂戴いたしました。


先日の清水寺参拝でお数珠をいただいたので、身につけることにした。


数珠にはこころを安定させる力があるそうな。
辛いことや悲しいことで生じる心の揺れから解放されて、慈悲のあるやさしい言葉を発することができるらしい。
わたしも、も少しでも気持ちがコントロールできたら、気配りができる余裕や、その場で優しい言葉かけを思いついたりできるようになるのかな。


そして、やっぱし、新年の目標ってもんが必要だろうと思い、とりあえず、毎月一回は、なにかの形で教会の御用をさせていただこうと決めた。

母が不在でも、玄関やトイレや大広間やお庭はお掃除させていただくことができる。
道具さえ自分で揃えていけば、あちこち探し回るうちにパニックになることもないし。



もうひとつ。
三線を弾く時、左指に力が入らなくて、右手で鳴らす前に音が定まりにくい。弦を離しきれなくて、あたった指先で音を消してしまうので、指先も鍛えよう。

さすがに指たて伏せはいたしませんが(笑)、毎週しこたま届く生協のチラシを使って、紙バッグを作成中。
内職?

小銭を選り分けるとか、お線香みたいに繊細なものを持つとかの、微妙な力加減が難しいから、指先の震えが少しでも収まればと思いまして。
英字新聞とか、琉球新報とかで作るとカッコイイんだけど、残念ながら、「豚ロース バラ凍結 チャック付き 398円」とかの写真が、チョー庶民的(笑)


はてるま母の兄嫁さんは、右麻痺なのに、釘を打ちつけた板と左手で器用に編み物をされる。
毎年、干支のぬいぐるみを送ってくださるので、今年もぴよ子さんに渡して、デイケアに飾ってもらった。

わたしひとりが可愛がるより、できるだけ沢山の方に見てほしいからね。
干支ぬいぐるみ



[2014/01/07 08:19] | ・さとこーさとこ´ | page top
さとこは湯船で丸くなる。
今年最後の美らかーぎードクターの診察。

レメロンを二錠にした途端に眠気がなくなって、再び早朝活動が回復できたことを報告。
ドクター、「教科書通りでしたね~」とびっくりこ。

体重が増えたことを誉めてもらえました。

硬直が極端に減ったせいかな。

四年前は、ウエスト67cmだったから、ガボガボになったお仕事ズボンはすべて直しに出し、ジーンズはフリマやオフハウスへ。
それでも痩せ続け、54cmのズボンに買い替えて落ち着いた矢先に、今度は、見る見るうちにぱっつんぱっつんでございますよ

伸縮自在な私の身体。

でも、なぜか、湯船にパンが沈んでいたことは報告しそびれた(笑)。

どうやら、さとこ、寝ながら且つ入浴しながら且つ食事までしておるようでございます。


兄がEMDR治療を受けさせたがっているが、やはり近隣に病院がないことと、自分のもともとの性格や家庭環境がベースにあるかも、とも話しました。

EMDR治療についてはクローズアップ現代で取り上げられたらしいけど、さとこはテレビを地デジ化していないから、内容はわからない。

でも、治療を受けた人の中には、
「最後の治療のときに、パンドラの箱の中にこれまでの苦痛だった記憶をすべて入れて鍵をしめて、二度と蓋をあけてはいけないと医師にいわれ、その後とても快適に生活できるようになりました。
けれども、子どもの発達について気がかりがあり、児童精神科に行った際、子どもの乳幼児だったころの記憶がすべて思い出せなくなっていました。自分が母親であるにもかかわらず、子どものことを覚えていないことに責任を感じて、ずっと考えるようになったのですが、次第に思い出すようになると同時に、パンドラの箱に封じ込めたはずの記憶も徐々に思い出すようになってしまいました。
記憶がよみがえってからは、ゆるやかにフラッシュバックすることもあります。
ちょっとしたことがきっかけで記憶に繋がってしまい、辛さの後に鬱がでてしまいます。」
とのコメントもあった。

ただでさえ、記憶があやふやなことが不安やパニックの原因になっているさとこ、ちょっと心配ではあります。
美らかーぎードクターも「効果は期待できたとしても、後戻りがありますよ」と言っておられたし…


翌日。

路上も軽バンさとこ号もまっしろけ。
よく積もりました。

元旦祭に向けて、何十年も使っているおんぼろレザーの冷たいソファを、ぬくぬく仕様にするためにシマムラへ。
ぬくぬく仕様
三年前の大雪で破れたままだった長靴も買い換えました。

今日は雪が多いせいか、家族連れはほとんどなく、雨の日と違って路上にテールランプやネオンの反射がないし、歩行者や自転車も少ないから、運転も買い物も楽ちん。


いざとなったら(?)とおるちゃんから、雪道でもスピンしないようにサイドブレーキドリフト走法も習ってるしね(笑)

はっさ!
さとこ号はFRじゃないし、サイドブレーキが足で踏むタイプだから、活用できんへん?
[2013/12/29 07:54] | ・さとこーさとこ´ | page top
宝石。
初めて桧扇貝を食べました。

鮮やかな色とりどりの貝殻。
捨てるのは勿体なくて、とりあえず保管。
鮮やか♪ 真珠小

ちっちゃい真珠も抱いてました。

宝物がひとつ増えました。
[2013/12/21 19:00] | ・さとこーさとこ´ | page top
| ホーム | 次のページ>>