2019年のしーみー的イベント、ぱにーニィ家の場合。
はてるまのお家でのしーみー(清明祭)的イベントが無事終了し、

引き続き、翌日、ぱにーニィの実家にお出掛けしました。


お父さんが亡くなってから、ぱにーニィも、ウチカビを送っているのですが、

誰も居ないところで一人で火を焚くのは危険だから、
さとこもついて行くのです。


普段は住む人のいない、ぱにーニィの実家。


お母さんは専業主婦だったから、
お母さんの姿がみえないおうちなんて考えられなくて

ぱにーニィ、寂しすぎて、ほとんど帰っていません。


お母さんが好きなお花たちは、お手入れしてなくても、ちゃーんとキレイに咲いてました。

満開でお出迎え


こっちは2日前にお手入れしたて。↓
  
刈りたて。


ぱにーニィの髪、伸びてくるとハサミでジョキジョキ刈り取るのも、さとこの役目です。


長男であるお兄さんは、ちょいちょい帰っておられるみたいだけど、


今冬の大雪で、

庭木は折れ、車庫は潰れ、
お母さんが管理されていたお大師さんの祠も損壊あり。


雪が解けてようやく、あちこちの被害を見て回れるようになってきました。


さあ、お庭で、
ご両親にウチカビを届けましょうね。


梅が満開。

梅の花吹雪の中で


花吹雪の中で送金します。
強風なので、火の粉が飛ばないように少しずつ。


ぱにーニィのウチカビ焼き器は、古い洗濯機のドラム。

逆さまに伏せて、水を掛けながら使えば
延焼もなく、安心です。

お父ちゃんお母ちゃん送るよー


ウチカビってね、こんななってるんですよ。
  ↓
銭型を打ってある100個×5枚が20組


うちかびの通貨単位はグヮン(元)で、銭型1個1グヮンが1枚に100個打ってあります。

その1枚を5枚綴りの20組セットにして、100万円の束に見えるやつが100円ちょっとで売られてます。


さとこお気に入りのサイト、『沖縄観光情報ポータルサイトDEEokinawa(でぃーおきなわ)』情報によると

うちかびが工場で生産される前は、各家庭にうちかびに押されている型があって
スタンプみたいに押して作っていたそうです!


そして、昨年ぐらいにようやく知った、衝撃の事実。
 ↓

「1人あたり3枚1組(3万グヮン)で使うのが一般的です。
うちかびのレートですが、ご先祖様が1年間不自由なく生活できる額だといわれているので、
1枚あたり50万円(1枚が5枚綴りなので5×10万円)くらいなのではないかと勝手に想像しています。
これを1人3枚(150万円)送金するので、4人家族だと600万円ほど送ることになります(想像)。
最近はジェット機に乗ってあの世から帰ってくるそうなので、ちょっと少ない気もしますが。」


ありゃりゃー。
相場ってもんが、わからんかったから

金額確認

さとこもぱにーニィも、だいたい三束、つまり、300万グヮン送ってます。

火入れ


情報によっては一束2億と書いてあるサイトもあるから、
なんにしても、

ぱにーニィのご両親も
さとこの夫とおるちゃんも、


お金には不自由していないだはずよ。


さあ、安心したから、
ドライブがてら、県境のスーパーマーケットでお総菜をして帰ります。


ぱにーニィお気に入りの台湾料理屋さんで
お酒セット2つ注文しました。

『お酒セット』は、飲み物ひとつと単品2つで1,180円。
200円追加で、麺やごはんものが追加できますのよ。


当然、お酒はさとこがいただくのですが。


この量はどうだ。

お酒セット2。

回鍋肉、餃子、唐揚げ2皿、天津飯に海鮮炒飯。


残った分は、ドギーバッグに詰めて持って帰らせてくれるのですが、
…これ、おいしく完食いたしました。


絶対、ぱにーニィのご両親と、故とおるちゃんが一緒に食べてると思うよ!
間違いないよ!
スポンサーサイト
[2017/04/08 04:42] | ・うちなんちゅ追分 | page top
2019年のしーみー (清明祭) 的イベント。
桃源郷

万物が清々しく美しい時期となりました。


しーみー(清明祭)の季節です。


清明は、春分と穀雨の間の時期。
旧暦では2月後半から3月前半にあたります。


しーみーは、沖縄の重要な年中行事のひとつで、
中国伝来の祖先供養の行事。


新暦の4月4~5日頃の清明入りから、二週間くらいの間に行われます。

土日になると、お墓に向かう道路は大渋滞になるとか。


父系の血縁集団が揃って、お墓参りをしたり、お掃除をしたりします。

ビニールシートをひいて、ピクニックのようにご馳走などを食べながら
親戚と近況報告をしたり、世間話をしたり、三線を弾いて歌い踊ったり。


祖先が祀られているところで子孫が仲睦まじく賑やかに過ごすことが、祖先孝行であり

また、大切な祖先を祀らせていただいている土地の神様に
感謝の気持ちをお伝えするのだそうですよ。


とおるちゃんとの接点をひとつでも多く持っていたくて始めた、
うちなんちゅごっこのひとつ、『真似っこしーみー』。


さとこのうちなんちゅごっこは、
沖縄年中行事のハンドブックと、沖縄の離島『風が生まれる島』に住む友人方から基礎を教わり、
さとこ地方の風習に馴染むようにアレンジを加えて

とおるちゃんやはてるまの祖先さまを身近に感じたいという主旨なのでございます。


にぎやか大好きなとおるちゃんだから、
バンド仲間と集まってお食事会を行うのも楽しみでしたが、


時期的に、選挙戦や里の春の大祭と重なる上に、
ハウスクリーニングの引っ越し繁忙期や、
バンドが2つになってからはライブが増えたりなんかして、

徐々にやり方を変化させております。


7回忌も過ぎたから
仲間たちとは、違う名目で集まったとしても

とおるちゃんはそれでもいいに違いないと考えるようにしています。





今年は、義母と相談して、4月6日に決めていました。


義父母も、例年、畑が忙しい時期でありまして。


畑の囲いはイノシシさんに破壊され、
長芋もユリネも掘りたくられて、全滅です。


微弱な電流を流す仕組みの害獣対策用の電気柵も売っているけれど、
イノシシさんには全く通用しないそうな。


石積みも、杭も、扉も、
壊されては作り直す、試行錯誤の日々。


今回は、太い金属のワイヤーメッシュを買ってきて、掘り起こされた囲いを再補強です。

いのしし対策1 いのしし対策2


こんなふうに、畑も大忙しの4月。

へとへとな義父母に、更に負担を増やしたくない。


せめて、一緒にゆっくりお昼ごはんでリフレッシュしてもらいたいのであります。





さとこの美味しくない手作りお重では、
お料理自慢な義母が、後々困るから、

お供えの形式に則らず、
とおるちゃんと義父母が好きなモノばかり、だかすか買って帰りました。


並べていたら、義父、興味津々。

おっ。おいしそうなケーキだぞ


この、ひよこのケーキに大喜びですのよ。

さりげなくぴよ子さん。

お餅、パン、お菓子、パイナップルといちご、
お寿司に茶碗蒸し。

すべて買いました


仏壇に載り切らないスナック菓子は
はてるま母、こんなして、飾り付けしてくれました。
  ↓
母親の遊び心

遊び心満載ですね!


仏間で楽しく歓談しながらお食事会。

h29年清明イタダキマス

義母 「とおる、お前のおかげで、わしらもごっつぉよばれるぞ。ありがとうな。」

サツマイモ大好き義父、でっかい天ぷらに夢中です。


今日は、隣に住む、端井の義妹は夜勤らしいから、

多めに買ってきたおかずたちで
夜は、端井義妹の夫も誘ってもらって

義母、丸一日手を抜いて、
ゆっくり過ごしてもらえるかな。




h29年清明お墓お供え h29年清明送金
 ↑
お墓にお供えしたご馳走も、泡盛やウチカビと焼いて、たっぷり送りましたよ。


イベント終了後は
キャッシュコーナーや日用品の買い出しに行きたい義父母を載せて
ドライブにでかけます。


そろそろアイスが恋しい季節になったから
コンビニでいろんなアイスクリームも買い込んで。


真似っこしーみー、

沖縄食材のお重を並べたり
夜の部で仲間たちと2次会で大はしゃぎしたり

とおるちゃん、そんなの、きっと楽しんでくれているに違いないけれど


さとこがバタバタせずに、こうやって義父母に1日付き合う日があってもいいのかもね。

[2017/04/07 23:55] | ・うちなんちゅ追分 | page top
2016年のしーみー的イベント、そして、義父プチ家出するの巻。
今年の清明入りは、4月4日。


はてるま母と相談し、
グソーのとおるちゃんにうちかびを送るのは、
4月12日の義父受診日にしようと決めました。


診察後の義父の気分次第で、

外食して、お供えは買って帰るでもヨシ。

ごちそうを買って帰って、仏間でいただくもヨシ。


で、沖縄バンド仲間との清明ごっこは、今日、4月5日にしました。

12日にお重を準備しないなら、他の日にどんちゃん騒げばいいさ~


とおるちゃん、二回お楽しみがあるってことで。

皆さんへ一斉送信のお誘いメール、
もちろん、とおるちゃんのスマホにも送りましたし。


だから、今回のメニューは、奇数や定番料理にはこだわらず、お花見宴会気分で。


なーべーらー(へちま)の煮物。
ぱにーニィのお母さんが作ってくださっていた、とっておきの筍と蕗も。

煮しめ類


先日、里の母から大量に届いた長命草餅も、
おにぎりと一緒にお重に詰めたら、丁度良い感じじゃーん。

長命草餅も


会場のカラオケボックスへは、ぴよ子さんが送迎してくれるから、
ぱにーニィも桃ちゃんもさとこも、飲んだくれ放題ですぞ。


そして夕方になりました。

仕上げに、お刺身や、温かい肉料理を用意していたら…


おりょっ。
義母から電話あり。


嫌な予感。すぐにとる。


案の定、普段あまり見せない、かなり疲れた様子の義母の声。


「おこんばんは。お仕事どうだ?

ばーさんは元気だぞ。

だが、じーさんがどうにもならん。

ここ数日、いよいよ、脇腹が痛くて騒ぐもんで、
今日、隣町の診療所に独りで行かせただ。

じーさん本人の話では、
一診と二診を何度も回され、エコーとか、いろんな検査されて、
火野病院の紹介状もらってきたと。」


火野病院?
「あそこはヤブだから絶対行かん!」と嫌っていた火野病院に、なんでまた?


はてるま母 「さっぱりわからん。
じーさん、痛くて受診したくせに、何キロもの距離を徒歩で帰ってきて、
そのあと、わしが休めっていうのに聞かず、
防犯の見守りボランティアにも行った。

夕飯前に、また痛がり出して狂い回ったかと思えば、
ケロッとしてパクパク食べるし
そしたら、今度は、
風呂上がりに、ステテコ姿で廊下を這いずりまわって叫ぶだがな。」


義母が「じっとしとれ!」と叱ったので、
義父、「わしは死ぬ!」とカッターナイフを振り回した。


義母が端井の家に助けを求めにいく間に、

義父は匍匐前進で玄関を降り、
ズルズルと暗闇に消えたのだそうです。


はてるま母 「さとよ、いよいよかなわんぞ。
わしの方が気が変になるわ。」


とりあえず探さないと。
足元が悪い山中で、発作が起きて頭を打ちでもしたら、危険だ。


巣に迎えに来てくれる予定のぴよ子さんとぱにーニィに、料理を託すつもりだったが、

さとこ、パニクって、

せっかく盛り付けたお刺身はひっくり返すわ、
沖縄蒲鉾を渡し忘れるわ、
カットフルーツのタッパーは忘れるわ。

フルーツも


ぐすん。
散々ですにゃ。


出発間際、義母から連絡が入った。

「端井が、じーさん探さずに、自分から帰ってくるのを待とうって。
何かあったらその時だ。

いよいよ いけにゃあ、
明日、主治医に相談して入院させてもらうだ 。
さと、お前、仕事休めるか?」


翌日は、S県M市税理士事務所のトイレ掃除と除草予定だったから、
ぱにーニィに頼んで延期の連絡をしてもらった。


それでも、何かあったら はてるまに向かえるように、車2台で出発しようとしていたら、


義父、泥と草まみれで帰ってきたそうだ。


義母、申し訳なさそうな、でも、半分怒りながらも、安堵の声。 

「さと、心配かけたな。
じーさんは嘘つきでかなわんわ。
誰も探しに来んけん、
独りで心細くなって、わざと汚して帰ってきただわ。」


真相はどうであれ、無事で良かった。


20時、予定通り、宴会開始。

ぎっちり!


「泥だらけのじーさんはもう一度風呂に入って無事に寝ました」、と義母からメールが届いた。


ほ。安心した。


とおるちゃん、さとこ、明日に備えて、ガンガン呑むよ! 
 ↑
なんか間違ってる?(笑)



追記:
ややこしいので、 登場人物と さとことの関係説明文を書き足しました。
  ↓
続きを読む
[2016/04/06 01:41] | ・うちなんちゅ追分 | page top
エスタロンなしでライブに挑む 。
ライブ前夜の練習中、腹痛と吐き気。

下肢に何かが貼りついているような違和感を覚え、何度も足をガシガシこすっていたけど、夕方からは、浮腫んでパンパンになった。


大流血がはじまりましたー。


およよ~。


こりゃ、本番は、下腹に力を入れる度にドローリだなあ。


この間なんか、血みどろ事件が2ヶ月以上無くて、「おっ。ついに上がったか?」と感無量になっていたら、64日ぶりに流血してビックリしたこともある。

リハビリパンツ代が浮くなあと思ったら、ぬか喜びでしたにゃ。


池上永一さんが、テンペストで初潮を「薄い卵の殻が割れたような違和感」と表現してたけど、男の人なのに、巧い例えを思いつかれたもんだ。

熱帯夜が続く八月、リハパン穿いたら、モッコモコの、汗だっくだくになるなあ。


…ぐったり。


翌日のライブ。

セッティング 楽器たち

満席。

おありがとうございます。


おいしいお料理。

沖縄風アレンジ


信頼できる音響さん。

頼もしい半蔵音響さん


奥の座のハイテンションな一族さまご一行、「この間沖縄行ってきましたーッ」っとノリノリ。


右手のテーブルの初老のご婦人と息子さん、「上甑島出身です。」

島津藩ですかい!


こしき島列島は琉球諸島から天草・長崎・朝鮮半島・日本海に向かう船の通り道にあり、琉球とのつながりも深いんだよね。


うちなんちゅ比率も高く、リクエストなど頂いたりで、さとこ ビビる。


初めから知っていたら仰け反るその環境に、なんと、さとこ、初めて、カフェイン製剤『エスタロン錠』を与薬せずに臨んだ。

「花」かな?



指笛 ぴうィッ。

どろっ

あっ。


お囃子。

ッはッはッはッは。

ぴゅっぴゅっぴゅっぴゅっ。


おげげげげ~。

この状態でエスタロンまで飲んだら、『大失血 → 意識不明街道 まっしぐら!』だもん(笑)。


でも、終了後の体重なんと40,3kg(誤差500gですが)

ライブ後に40kg以上残っていたの、何年ぶりでしょう。


やっぱ、いつの間にか、じわじわ体力ついてんだな~


楽しかったデス。

フィナーレ


そして、クーラー前の涼しい場所を一人占めのとおるちゃん。

クーラーで涼む菩薩様&とおるちゃん

お客様に、ちゃんと冷風届いたのかな…。



[2015/08/26 23:14] | ・うちなんちゅ追分 | page top
じゅーるくにちー。
ウサンミ完成。
2015じゅーるくにちー

ウサンミぐゎー(小)も作り、ぱにーニィん家のお父さんの写真にうさぎました。
ぱにーニィのお父さんにも

お供えを持って、はてるまに帰る。


さとこの住む町は海沿いの平地だけど、2月27日から、突然、花粉の季節になった。

車中はかなり暑く、窓を開けて走っていたら、巣に帰ったとたん、気付いた。

目のごろつき、鼻水、くしゃみ。
耳が痒い。


シマッタ。
花粉だ。


また5月まで、防塵メガネ・マスク・帽子・合羽の怪しい出で立ちで過ごすのですにゃ


チョー目立つから、ぱにーニィん家にハウスキーパーに行っても、玄関から出る勇気がなくて、電気カーペットに丸まってぱにーニィが帰るのを待って、徒歩二分の距離を送ってもらったりしてます。


一昨日はまた雪が降り、おかげで中山間地のはてるま、花粉なし。


義母、さとこが帰るなり「とおるが出たーッ!」




一昨日の夢。
畑仕事をしていたら、「よお、ばあちゃん!」と声を掛けられびっくりした。
足の先までは見えんかったが、全く変わらん顔で、困った様子はなかったぞ。
アリャ、とおる!と言った自分の声で目が覚めた。



変な感じが無かったら、良かった良かった。


義母、相変わらず足が痛い。


半月板が損傷した方の足をかばっていたから、反対の足に無理がかかり、傷んでいた関節軟骨に沈殿していたカルシウムの粉が関節内に入り込んで炎症を起こした。

カルシウムの粉が神経に擦れて、寒い日ほど痛むらしい。


テレビでネバネバ系の食品が良いと言ってたそうで、納豆を毎日欠かさず食べている。


畑に出ているご近所さんを眺めては焦り、早く治さないと、と気を揉んでいるんだろう。


久々に顔を見ると、義父母とも、少し老いた感じがするなあ。
「さとは、うちの大事な娘だけん、仕事、無理すんなよ。」と言われて、後ろめたい。

なかなか帰らなくてごめんなさいね。


グソーのお正月を一緒にお祝いする。

はてるま母も腕を奮った。
義母の手料理も 

一緒にグソーに届けてあげましょうね。
お土産 さあ、よばれましょで

沖縄のお墓で賑やかに食事する様子を、これまたテレビでやったそうで、義母、義父に「じいさん、さとがやっとるのはこれだぞ」と一緒に観たらしい。


テレビのお陰で、義父もウチカビ送金に参加。

義母はお墓で「チャッチャッ、はいや、チャッチャッ、はいや♪」とカチャーシーふーじーに踊っていた(笑)
じーさん、くしゃくしゃにせずに。だってよう燃えるがな 一枚ずつな


全く風がなく、灰も飛ばずにキレイに焼けた。

送金完了デス


義父「他の衆も持っていくのかな」

さとこ「はてるまの祖先さま方にうまく届くように、お墓から送金するんだと思いますよ~」


お供えのくわっちーも半分焼いて、後はお墓にお供え。


三人がお墓を後にしたとたん、急に冷たい風が吹き始めたもんで、待ち構えていた烏のカー子達が舞い降りるのに慌てていた(笑)


義母「とおるも、お金が欲しゅうて風を止めとってごいただかや。」


来月、また清明があるから、たくさん送ってあげましょーね。
[2015/03/07 17:15] | ・うちなんちゅ追分 | page top
| ホーム | 次のページ>>