FC2ブログ
チームぽんこ2の日々。
すみません、いまだに2月とか3月とかの話題でなんですが


農閑期にパートに来ていた農業青年が
リバーサイドに遊びに来てくれて


差し入れにいただいた新鮮な椎茸を
メインディッシュにした持ち寄り晩御飯。
椎茸3月25日
お野菜オンリー食卓。


ブログ『空を見る余裕』さんでエノキに片栗粉でまぶして揚げておられたんがものすごく美味しそうだったもんで(→空を見る余裕


唐揚げ粉で、蕾菜とえのきの焼き揚げを試してみましたです。
ビジュアル的にも別物になってしまいましたね(・ω・)。
190322莟菜とえのきの唐揚げ風


椎茸と大根のお澄ましは、ぱにーニィが作ってくれました。

さとこの分には落とし卵が入ってるうー♪


初物は、とおるちゃん用にもちゃんと用意しますよ。190322のお供え


ぱにーニィのアパートにも
とおるちゃんが京都の太秦でお侍さんの仮装したときの写真を飾ってあるんですの♪

19年3月月命日 






夜明け前。ゴミ出しに行くときの空。
2月2日6時21分

下から、三日月、金星、木星です。


月の下に土星もあるんだけど

雲で見えませんね。


こっちは
月に恋い焦がれてすがりついている木星。
3月27日朝5時3分

とおるちゃんとさとこみたいだねえ。なんつて( *´艸`)


リバーサイドへの出勤路で利用する橋からの景色です。
3月24日7時12分

太陽が、毎日少しずつ左にずれながら昇ってきます。




ぱにーニィとさとこのポンコツチーム『ぽんこ2』、

担当フロアの清潔感が劇的に改善したとかなんとかおだてられて


今日は別階エリアにも出張です。


スタッフがぎりぎり人数で新規利用者さんを受け入れられなくて

トイレ&洗面台付きの個室がいくつか
長期空床の状態だそうで


今のうちに
スッキリさわやかにしておきましょう。




換気扇の埃、

ベッドにこぼれた飲み物のこびりつき

窓の桟の虫さんの残骸やカビ。


壁の汚れは、壁紙が紙なのでこすりすぎると破れるなあ。


網戸にもツバメのフンが目立つけど
多分、網が劣化していて触ると破れそうな気がするから、
これに手を出すのはやめておこう。


便器回りのこびりつきや床の点々汚れをこすったら

ややっ。
劣化したワックスが剥げて
余計にみすぼらしくなってしまったー。(°_°)




どの部屋も鍵がかけてあって
他の人は入れないので


安心して


床をびしょびしょ状態で洗ったり
ハイター浸け置きしたり
窓全開で屋根に出て、外から拭いたり。


ゴム動力のぱにーニィは相変わらず、
最初からラストスパートみたいな勢いで働いて


途中でゴムが切れて沖に流されたみたいにへとへとになってます。


先日、お給料が振り込まれていて、

1ヶ月分でお家賃がまるまる支払えたのでさとこはルンルン。


うれしいなーッ ✨(≧▽≦)✨




ぱにーニィが鶏レバーの塩焼きを作ってくれました。
レバー塩焼き特盛

さとこ、もう貧血にならないから、
レバーが食卓に上ったの久しぶりです。

中がトロっとして美味しかった!


さとこのたい焼きのぬいぐるみが綻びて、中のアンコが出そうだったから
ぱにーニィがこれまた修復中。
繕い物をする男1 繕い物をする男2

頭の脂を針にこすりつけて滑りを良くするの見たのって、何十年ぶりかな。





リバーサイドは、高齢者さんが利用される施設だけど

チームぽんこ2は、人が不在の場面を狙って活動する。


高齢者さんやスタッフと離れているから

生活の細かい部分は、わからないことだらけです。


手が足りなかったらレクリエーションに参加してって言われたけど

皆さんのテーブルに一緒に座ると
忙しいスタッフさんから「任せます。なんかレクリエーションやってください」とか振られそうな風向きになる。


いやいや、
スタッフが高齢者さんと緊密に関わる時間を作るために
チームぽんこ2が雑用を引き受けているわけですから。


お散歩とかスポーツとか
転倒の見守りが大変になるアクティブなレクリエーションは
リハビリの時間だけみたいだし


その隙に、チームぽんこ2が出勤しない日の分のシーツ交換を依頼されていたりするので
実質、レクリエーション活動に参加することは不可能です。


まあ、さとこは会話が苦手で焦って混乱したりするから

休憩時間やレクリエーション参加のほうが
精神的にくたくた状態になったりするわけで


その分、力仕事してる方がずっと楽なんですけどね。


それでも、

ちゃんとベッドのストッパーをかけたかどうかとか

ドアや窓の鍵を閉めたかとか


帰ってからも
夜中に目覚めると同時に不安にかられます。




さとこ、ふと気づくと

高齢者さんや来客やスタッフとの円滑なコミュニケーションをとることとか

昔、当たり前にできていたのに、

いつの間にか忘れちゃってることだらけでして


最近はぱにーニィが慣れてきて


日本語が片言で意志疎通が困難なさとこに代わり

わからないことはなんでも聞きに行ってくれるので


さとこは安心して

ますます日本語が不自由になりそうです。


とりあえず


ぽんこ2、


こんな感じで日々を乗り切っております。



関連記事
スポンサーサイト
[2019/04/04 06:08] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
ななんとー。初体験であります。
去る3月2日のこと。


コーキングお仕事に出発し

信号のない交差点を直進しようとしていたら

左側から一旦停止せずハザードも出さずで突然右折してきた車に
危うく接触するところでした。


だー!
び、ビビったなあー!




で、その余韻を反芻しながらドキドキ走っていると


今度は
道路の真ん中に

反射テープのベストを着た人が旗を振っている。


左が工事現場だから、トラック出てくるんだね。


あれっ?トラック出てこないね。


えっ?そこの空き地に入れって?


なんだ?警察か?


てーことは、検問かー。
なんか事件かなー。


窓を開けてハイどーもコンニチハ、と顏を出したら


お巡りさん 「お急ぎのところすんませんね」


いいえー。ちっとも。事件ですか-?


お巡りさん 「速度違反です。」





ええええーっ!?


お巡りさん 「ここね、40km制限なんですよ。ほら、機械が計測してるの見るとね、あなた56km出してるの。16kmオーバーだね。」


まじっすかあー。


そういえば、この道、ねずみとりの名所で
故とおるちゃんやハウスクリーニングの歴代リーダーからも気を付けるよう言われていたのであります。

ここです。
 (矢印方向に進行中、この×のところで引き込まれました。)




さとこ、いつも、速度取り締まり風景を
他人事で眺めながら通りすぎていたのですが

人生初のねずみとりです。


続々と違反車が停められ、空き地は10台ぐらいの車が手続き中で
まさに入れ食い状態。


お巡りさんアタフタ忙しそうであります。


若い女の子がほとんどのようでした。


手続きが終わって走り出したら


信号の向こう側でも
対向車線の取り締まり中で次々誘導されている車が見えましたよ。


広くて信号少なくて民家のない、畑の中の道なので

みんな40キロ制限だって気づかないんだよね。




さとこは
この道はこれから気を付けて走行できるようになると思います。


コーキングお仕事が終わり、

帰りもまだ取り締まりやってるかなと思ったら

もう撤収したあとで
何事もなかったかのようにガラーンとしてました。


年配のご婦人の軽バンにぴったり張り付かれ、
蛇行で煽られながらも


それでもきっちり40キロを守って帰りましたですよ。




これが青切符ってやつですね。
初めての青切符

16キロオーバー12000円でございます。


これまで三回分のコーキング代が
丁度、きれいに、見事に、1円も残らず充当されますた。


点数の方は1点減点なんだけど

3ヶ月無違反だとまたゼロに戻るから3か月間は気を付けてね、だって。


でも、等級が落ちるから

今度の免許証はゴールドではなく
5年間は青色になるんだそうです。


保険料が値上がりしちゃうなあ。




ぱにーニィに早速報告したら
「事故にならずに済んでよかったじゃん」って。


任意保険は
今年の誕生月が免許の更新だから、
それまでに解約して

5年契約でかけ直したらいいんだって。


ちょっと安心しました。


さあ、沖縄行きの貯金も
また積立て直しですよ。




取り締まられて良かったこともあるんです。


さとこ、
今まで、

道を譲れない場所で先導車になってしまうと

焦ってスピードが上がりがちで


ぱにーニィが運転で、さとこは助手席に座っている場合であっても
恐怖心で落ち着かなくなっていたのですが


これからは


車を降りて

後ろの車の運転手さんに対して

「あんた、私の代わりに12000円払ってくれるんか?ああーん?」とかなんとか

どやしつけれそうな強気な心根が芽生えました。


そんなこんなで


あなたの前をトロトロ走っている軽バンは
これ以上等級を落とすわけにはいかないさとこですので


待避場所か、見通しのいい直線で
道を譲るチャンスができるまで


イライラしても待ってやってくださいね。( ̄^ ̄)ゞ

関連記事
[2019/04/03 23:44] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ぱにーニィ燃え尽きる寸前だった確定申告シーズンのこと。
昨年夏にS県M市税理士先生が永眠され


ぱにーニィは、
税理士先生の顧客だった方々に対して

別の税理士さんを紹介したり
自力でできるようにデータを揃えてアドバイスしたりして

大抵は手を離れた予定でした。


とはいえ
多忙で、すぐに面談できなかったりする新しい税理士さんに遠慮して

相変わらず、ぱにーニィに相談してこられる元顧客さん達が

1月末からやたら増え始め、


ぱにーニィ、結局、個人でプログラムを購入して


月々の経理処理が必要ない、年に一度の確定申告だけ依頼がある10数件の顧客さん達に関しては


例年通り、お仕事を受ける流れになっちゃいました。




ところが、肝心のパソコンが壊れて


リバーサイドから帰った日も、夜は毎日

データの移し替えをしたり
セットアップしたり
ソフトを更新し直したり


なんか、めちゃめちゃ大変そう…。




さとこは、
母の発表会のお手伝いで
休みの度に里に帰っていて


あれこれお野菜をもらうので

ぱにーニィがあんかけを作ってくれたり
190311あんかけ野菜


水菜と厚揚げを玉子とじした
あったかおうどんを作ってくれたり
水菜の玉子とじうどん


祖母の命日には
母と一緒に拝んで
19祖母命日玉串


お供えの白和えとカレーと茶わん蒸しを
籠一杯もらいました。
19祖母命日




そして、
ついて行ける日には、できるだけぱにーニィと一緒にS県M市へ。


ぱにーニィ、リバーサイドのお仕事の無い日は
全てS県M市に出かけていますのです。


S県M市税理士事務所、これまでは玄関前に駐車できていたけど、

お隣のおうちから苦情が出て以来

駐車スペースもなくて


さとこは車が動かせる状態で
ご近所にゃーさんを観察しながら待機。

190205ご近所にゃーさん

いつもあのタイヤのところにやってくるのでバッタでも捕まえているのかなと思ったら

どこかのご婦人がコッソリご飯をあげに来られるのでした。

190205-2 190205-1

満腹のご様子ですよ。

190205ごちそうさまでした




新しく、ぱにーニィのアパートを事務所にできるのが一番だと思うのですが


連絡を取り合っていた先生のご家族が
ここんとこずっと音信不通で

S県M市税理士事務所のパソコンを撤収する話が
中途切れになっているんだとか。


事務所の電話はすでに止められていて

蛍光灯も切れてそのままの状態。


ぱにーニィは卓上スタンドを持って行き、

うす暗ーい部屋でお仕事している。


暗いのはまだいいとして


暖房器具がないのがもっと困る。




強迫性障害のぱにーニィ、

電気ヒーターを持って行ってるくせに火事になるのが怖いからって

頑なに使用を拒否。


コンセント抜いて持ち帰るんだから大丈夫だよって言っても聞き入れず


仕事が終わると
吐く息までキンキンに冷たくなったような状態で
車に転がり込んでくるのです。


使い捨てカイロも持って行ってるくせに

何で使わないのか
寒がりのさとこにはサッパリわけがわかりませんわ。




そして、強迫性障害のぱにーニィ、


戸締りと火元が心配で、何度も何度も確認に戻る。


今までは
税理士事務所に電話をかけて呼び出し音が鳴るのを確認して

「火事になってない。大丈夫!」と確認できていたのが


電話が止められちゃったから


さとこが一緒についていけない日は、

もう自分のアパートまであと少しのところまで帰ってきていながら

またUターンしたりして


片道45分で済むところを

3倍近くの時間と走行距離をかけて帰ってくる始末。


いい加減、なんとかしたらどうなんだよッ!ヽ(`Д´)ノプンプン




毎年1~3月は
話しかけるのもためらわれる多忙ぶりですが

今年はまた格段です。


なぜって

 ・リバーサイド勤務中は顧客さんとのやりとりも問い合わせもできない。

 ・税理士がいないから電子申告が使えない。

 ・S県M市税理士先生が使ったパスワードがわからない(毎回変えるんだけどそのパスワードを先生ご本人が忘れてしまわれたので)から、予定納税の情報も取り出せない。

 ・処理の全てが手作業で
打ち込んだデータも反映されず照合できないから間違いに気づきにくい。

・休みなしで完成にこぎつけても
提出する前の最終段階に知り合いの税理士から承認印をもらわなくてはならないのが、先方も多忙で会えなくて悶々の日々。



ただでさえ強迫性障害のぱにーニィ、

もう、責任を抱えすぎて

しないといけないこと多すぎて


人相が変わり 心も崩壊寸前だったから



思案の末。


リバーサイド3月前半の勤務を


全てお休みにしてもらいました。






確定申告に没頭できるようになって

ぱにーニィの表情から険しさが薄れ


ちょっとホッとしたさとこ、
顧客さんちの前で
車を動かせるように待機中。


日向ぼっこしている、まあるい水鳥さんを眺めます。
190311-3


黒いヒト、ご夫婦でしょうか。
190311-1

オオバンっていうのかな?
「大」ってほど大きくないけど…


こちらもご夫婦っぽいけど色合いが地味だから
かるがもさんでしょうか。
190311-2


ようやく、静けさを楽しめる心のゆとりが出てきました。


190301-2

190301-1

190301-4

190301-3


そして、
顧客さんからも葉っぱをいただいて

新鮮なお野菜で疲労回復に努めるべし。
190307青菜炒め




ぱにーニィ、伝票入力が沢山あるときは
持って帰ってアパートでも入力作業をしていて


さとこがハウスクリーニングから帰ると
ささっと何か作って与えてくれます。


さとこが疲れている時に作ってくれる、大好きな納豆玉子。
LLサイズ。
納豆玉子

お赤飯があるのは、3月3日におばさんの四十九日法要があったから。


大黒物産のスパゲッティ―に、カリッと焼き直したホテルパンとスクランブルエッグまでつけてくれたから
これはもう、ワイン開けないとッ
190310ラムースパゲティランチ


ハウスクリーニングは
大抵のことはさとこひとりでもなんとかできるんだけど


エアコンのパネルのつけ外しや
堅いネジを外したり
2階のお部屋の網戸の取り付けは

ぱにーニィが助けに来てくれるんですよ。




税理のお仕事には
パソコンを2台使用するのですが


うっかりしてると
クロエがマウスになりすまして妨害することもあり

190306コンピューター2台マウス三個

パソコン2台にマウス3つで
どれがどれのやら
190306マウス3個


あっちで遊んでなさいって
遠くに投げられたら
19保護色

四十九日法要の引き出物と保護色で
探せなくて焦りました。




こんな感じで
怒涛の確定申告を乗り切ったぱにーニィ。


ほんと、お疲れさまでしたね!!

関連記事
[2019/03/30 12:05] | ・主な登場人物紹介 | page top
さとこ、コーキング打ち直し ひとりでできるもんの巻。
さとことぱにーニィのお掃除コンビ、チームらすからーずは
うふあがり不動産物件のハウスクリーニングをさせていただいてますが


今まで、コーキングを打つのは
さとこのボス、御賀茂リーダーにお任せでした。


コーキングとは、防水の為に隙間や継ぎ目などを塞ぐ事。


うふあがり不動産のハウスクリーニングでは

カビの根が入り込んで取れない浴室の継ぎ目の部分とか

キッチン流し台周囲の劣化した部分のコーキングが

作業範囲になります。




コーキング以外にも
シーリングって言葉を耳にするけど、

どう違うのかなって思ってたら


シーリング(Sealing)= 密閉する、蓋をする
コーキング(Caulking)= 詰め物をする


で、明確な違いはないみたいだけど、

「チューブ容器に入っていて専用の押出し機であるコーキングガン(caulking gun)で施工する樹脂性の物をコーキング剤(コーキング)という事が多い」って書いてありましたよ。


コーキング ≦ シーリング ってイメージでいたらいいのかな?


んで、さとこ、
コーキングガン使用のコツを御賀茂リーダーより伝授していただき


記念すべき初のお仕事が

こちらの物件。
19130ひとりでできるもん

まず、打ち直す箇所の両サイドにマスキングテープを貼りましゅ。


隙間にキレイに充填するために、また他の部材を汚さないように保護するために、
このマスキングテープの養生は絶対必要で


これをうまくできるかどうかが
仕上がりを左右する重要なポイントになるそうです。


いやもう、ビビりまくりで


何回も微調整しながら、
すんごい時間かけてテープ貼りしましたよ。


「浴室はちょっと暗めの照明だし湯気で見えにくいから
すこしぐらいガタガタしたって大丈夫ですよ」って御賀茂リーダー。


そんなん言われたって
緊張しますよね!
1922浴室養生


養生は
打ち直し前のコーキングより、0.8㎜ほど外側に。


そして、
コーナーがしっかり決まってないと
隙間にコーキング剤が入り込んできれいなラインが出ないので

空気が入らないように入念に密着させます。


こゆとことか
1944コーナー1

こゆとこ。
1944コーナー2


んで、コーキングガンで防カビ成分配合のコーキング材を充填してから
きれいに均しますが


専用のプラスチック製又は金属製ヘラは使わず

御賀茂リーダー方式は
指の腹1本で。


そのほうが、微妙な幅や深さの調整がしやすいんですって。


で、

一息に、

すーっと、

ケーキ職人さんがクリームを飾るようにしなやかに。


一気に行なうと表面がキレイに仕上がります。




マスキングテープの上に載ったコーキング剤は薄ーく伸ばし


そのあと、

マスキングテープを、
コーキング材の充填面からやや外向きに引っ張るように巻き取りながら

静かに剥がしていきます。


19131テープを剥ぐと 1922浴室台

打ってからすぐに延ばさないと

表面がなだらかにならないので

スピーディ、且つ、丁寧に。


ずぼらで不器用で力任せのさとこには
不似合いな単語でありますなあ。


でも、育て上手の御賀茂リーダーからは

「いい感じです!
引き続きこの調子でよろしくお願い致します!」

って褒めていただきましたよ

1944浴室コーナー3


あんまり広範囲の場合は

全部の箇所に打ってから延ばすのではなく


すこしずつ区切って、すぐ延ばしたほうがキレイに仕上がるかもなと思いました。






続いて、キッチン。


19131キッチン


前業者さんの健闘のあとが目立ちやすい箇所。


こりゃあ、やたらぶっといですなあ!
19131元が太すぎて悩む

悩んだ結果、
これ以上広げず、同じ幅で養生しましたよ。


マスキングテープに載った部分を薄く伸ばしてないと、

テープをはがした跡がこのように段差になっちゃうみたい。
1932キッチン


ベロベロガタガタになっていたりするのは
マスキングをめくった時に、コーキング剤を引っ張って陥没しちゃったと推察します。
1922下のベロベロが


あと、養生なしで厚塗りてんこ盛り盛りみたいなんもあって

薄すぎて痩せて隙間が開いてくるよりはいいのかなって
あきらめてます。




失敗例を見ると

どうやったら失敗しにくいか
対策が練られるからありがたい。


どう打ち直したらいいか判断がつかないときは

その都度、御賀茂リーダーに問い合わせします。


前のを剥がして、やり直したいなと思ったりもするけど、

万が一水漏れするといけないから

ハウスクリーニングの枠の中では
剥がしてやり直すことまでは要求されてないんですって。


1922キッチン養生


コーキングの色は、
浴室はホワイト、キッチンはグレー箇所とホワイト箇所の指定があるのですが

こんな途中でへんに色が切り替わってたりすることも。
1932コンビな配色

ピンポイントでそこだけ打ち直したんですかね。


元がライトグレーだったのにその上に濃いグレーが打ってあってツートンになってしまってるところは

ライトグレーで統一してみました。
1922キッチンT字




コーキングのお仕事は
ぱにーニィの助けがなくてもさとこひとりでできるし


騒音を出さないから

夜でも日曜日でも
好きな時に入れるんです。


空き家に侵入し静かにコーキングをして去っていく

その名はコーキングばばあとでも申しましょうか。


さとこ、もう、うれしくてうれしくて。


コーキングお仕事、どんどんいただけるように
技術を磨きたいなあと思ってます。






そして、うれしいこと、もひとつありましたの。


初めてコーキングを習うとき


実習に入ったお部屋の玄関に

さぞやお高いと思われる
LEDシーリングライト 調光タイプ リモコン付き が

3つも捨ててあったのです。


御賀茂リーダーが、「僕、この大きいの持って帰ります。さとこさんはどうですか」って


ええええ (((o(*゚▽゚*)o)))


いいんですかあああー ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


とおるちゃんとさとこの巣の、この電灯ね。
  ↓
1922この怠け紐がじゃまでした

紐にお団子ヘアや髪留めが引っかかって

いつも難儀していたのです。


早速、2ついただいて帰って
付け替えましたよ!

じゃん!
1922ラッキーな不燃ごみ


お仕事いただけて

快適な生活の応援もしていただけて


今年のさとこ、ついてるかも~

関連記事
[2019/03/29 09:52] | ・仕事人 チームらすからーず | page top
あたたかいおひるごはんとか、お裾分けとか。
リバーサイド勤務終了後、
初めの頃は、晩御飯を食べて帰ったりもしたのですが

モヤシとキャベツ食べ放題

それだと気が緩んで一気に疲労感が押し寄せ
居眠り運転しそうになるので


最近は
スーパーで40%引きになったお弁当買って帰ること多いです。


お昼はお弁当を持って行っていますよ。
メザシ弁当。
大きさ比較


たくあんや納豆も食べたいんだけど

においがきついものは、そういうの嫌いな人には拷問かもしれないから

ここはメザシ一択で。


ぱにーニィの分も焼いてあげようね。
メザシ弁当2人分


冷めるとカリカリになっちゃうから
こうやってご飯(この日は玄米でした)に並べておくと

お昼にはしんなり、いい感じになっているんです。


噛むヒマがないぐらいおいしいよね~、ってさとこが言ったら


ぱにーニィは鼻で笑って

「噛むだなんてまだまだだな。
ワン(俺)なんか、息をするヒマもないからね」


…。

チームぽんこ2、ふたりとも
落ち着いてゆっくり食べよーよね。




常備メザシが切れていたときには
高菜弁当のときもありましたが

高菜弁当の時も

これだと更に
ごはんいくらあっても足りんくなるから

やっぱメザシ買わんと!




これに、日替わりで

「ぽんこさんたちお汁どうぞー」って


わーい。

ありがたくいただきますー。


とろみがついた里芋やしいたけのおつゆ。
身体もココロもホッコリ。
206芋煮 

こぼれたときに慌てないように、
多めに作ってあるみたいなんです。


大根とおねぎの味噌汁だったり、
麩とほうれん草のお味噌汁だったり。
210大根とネギ 218麩とほうれん草


ポタージュ&メザシや
カレー&メザシの時もあるでよ。
224ポタージュ227ひき肉のカレー


素敵すぎなランチタイム✨




メザシって、

まっすぐなのんだけじゃないんですね。


カラッカラでまっすぐのやつは丸干しタイプ。


はらわたがまだ柔らかい、生干しタイプとかだと、

焼いてるうちにシャチホコみたいに反り返る。


シャチホコ化したメザシも可愛いけど

ビジュアルにこだわるさとことしてはイマイチなのよね


やっぱ、メザシはこうでなくちゃ
203麩とわかめのすまし汁

この日はお麩とわかめのすまし汁。


畳の部屋で温かい汁ものをいただくお昼ご飯って

なーんて贅沢なのでしょう!!




またある日は、


「ぽんこさんたち、休憩してくださーい」って


はて?
『チームぽんこ2』は、分担業務の区切りごとに休むようにはしてるんですがね。


休憩室に行ってみたら


あっケーキだっ!


224おやつですよ

この日は、高齢者さんのお誕生会だったのです。


happyのお裾分け。


224お誕生日ケーキお裾分け

嬉しいサプライズに


もしかすると

主役の高齢者さん以上に
ハイテンションだったかもしれない


ぽんこ2なのでした。

関連記事
[2019/03/10 00:35] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
結果オーライなのか?
さとこの里はネギ社への通勤路上にあり
出勤前に母の安否確認に立ち寄ることも可能なのですが


「そんな汚い仕事、今のご時世、担い手なんか誰も居らんだって!」だことの

「何処どこの誰それは、ねぎの皮剥きしとって農薬で失明しただって!」だことの


朝から気分が萎えるような言葉を投げかけられて
破壊的ダメージを受けると


交通事故や
機械の巻き込み事故に遭いそうな気がして


出勤前には母と連絡を取らないようにしています。




そんな感じなので


今回、リバーサイドに採用されたことを
里の母にいつどうやって切り出すか


さとこは悩んでいました。


大晦日にようやく報告できたのですが、

そん時は、事前に兄から聞いていたらしく
「それはよかったね~。お母さんうれしいわ」だなんて


さとこビックリこ。


勤務表入れファイル
 (ブロ友さんが送ってくださった、ゆるいファイルに勤務表を入れて持ち歩いてます。
 見るとホッコリできるからね!
 お麩は可愛すぎて、いまんとこ鑑賞用)



まあ
そんな殊勝な態度はその場限りで


この頃は

「あんた、そんな遠くまで行かんでも、市内でおんなじ仕事探したら」だの

「そんな安い賃金で人を馬鹿にしてるわ」だの


否定的な言葉を投げつけられ


ただでさえ凹み気質なのに

モチベーションを維持するのが大変ですよ。


愛用のカフェイン製剤も全く役に立たず
さとこ必需品

帰路上にある書店の駐車場とかに辿りついて
1時間ほど爆眠してから再びハンドルを握ったりしてます。


こんな時、

店舗から離れた場所に停めるんだけど


目が覚めると
両隣にいつの間にか車があったりするからビックリです。




一方、はてるまのおうちに帰っても


はてるま父母、年末からやたら仲が悪くって

お互いに喧嘩腰で会話が成立しなかったりするので


以前のさとこは

二人の気分転換のためにドライブに連れ出したり
いろんな策を練って悩んでたけど


今は自分がイッパイイッパイだから
あれこれ計画できず

静観状態でいることにも慣れてきました。


1月のはてるま父受診同行日、

この日もバス停で待機してたら
義父母が口論しながらやってきましたよ。


20190108
2019年1月のケーキ
 (診察終わると、お約束のケーキタイム)


義母、軽バンさとこ号に乗り込んだ途端、
 
「里のお母さんがな、電話してきなって

さとこがお義母さんのお宅の近くでお仕事するそうで~
お義母さん、お知り合いも多いんでしょうから
びしびし鍛えてやってくださいねっ

て、電話があったぞ。」


って。


ひいい。


さとこ、もうこれ以上ビシビシされても無理ですってば 




リバーサイドで関わる予定のお仕事内容が広範囲なので


就労して数日は

チームぽんこ2二人分の仕事道具や工具、お弁当、
雪かき道具と外回り用着替え、入職書類など


必要なもの以外にも
あると便利そうなものはなんでもかんでも積み込んで
車内も手持ち荷物もいっぱいでしたが


そんでも
半月ほど経過したあたりで
ようやく必要物品が固まってき始め

ちょっと荷物が減らせてひと安心


初のお給料をいただいたときはうれしかったですね!

帰ってすぐに
とおるちゃんに給料明細をお供えいたしましたよ。




怒涛の1月前半の終盤。
休みなしの過労から、ぱにーニィ、微熱でぐったり。


金曜日にはライブだったから、
直前にぱにーニィが持ち直してヨカッタ、一安心、と思ったら


今度はさとこが
ライブ直前から風邪症状に。


七草粥で無病息災お願いしたり
七草粥食べたのになあ


桃ちゃんがくれた珍しい初もののおみかんで
寿命が75日延びてるはずなんすけど
変わったおみかんと虎屋のようかん


リバーサイドは
37℃台の発熱だと休むようにと言われていたので

一応、看護士長さんに状況を報告し

明後日、日曜日の出勤までに治るかな、と心配してたら


翌日土曜日の朝、
看護士長さんからTELで
「なんで黙って休むの?人数に入っとるし、みんなそのつもりで待っとるよ!」って


えええーっ
今日出勤?
聞いてないよ!と思うよ!
ど、どうしよう…


その日の業務振り分け表に
チームぽんこ2の名前が載っていたらしいが
どうやら間違いと判明。


ぱにーニィとさとこが勤務を見間違えたかと思って

脂汗が出ましたよ。




県内ではインフルエンザが猛威を振るっていて
リバーサイドでもご家族の面会もお断わりだし


看護士長さんと相談して
日曜日の出勤は休みにしてもらうことになりました。


インフルエンザの検査を受けるように言われましたが

インフルって
高熱がでて六時間以上経過しないと陽性がはっきりしないらしくて

結局、検査を受けないまま


3日間かけてゆっくりのんびりハウスクリーニングを仕上げ


さとこ、すっかりリフレッシュでございます。


風邪は2月になってようやく完治したけれど。


インフルエンザじゃなくて本当に良かった!




一方。


ぱにーニィには、今年も確定申告多忙期がやってきました。


S県M市税理士先生は他界されたけれど

結局、以前のお客様からの相談が続々と入り始め

休みの日はS県M市へ。


最近開拓した中華料理屋さんの定食にハマっておるようですが
麻婆玉子と担々麺
中華屋さんのラーメン定食


お客様から
たくさんお野菜をいただけるから


炒めたり
ぱにーニィの中華定食

オーブントースターで焼いたり。
なんかぐつぐつしたもん


あと、トライアルで山口の瓦そばが入手できることが判明し
瓦そば、3~4人分をペロリ。(ごはんもついてます)
トライアルで瓦そば


そして最寄りのジャスコにて
199円に値下がりしたお弁当やカレイの骨の唐揚げなんて
すてきなお惣菜を買って来たり
カレイの骨の唐揚げと199円ののり弁買ったり


さとこもぱにーニィと競争で
こんなに食べているんですが


そんでも体重が2kgほど落ちたから


むっちむちで穿けなくなったはずのパンツを
また引きずり出してきましたよ。


超多忙でも
ラッキーなこともあるものですね。うふっ

関連記事
[2019/03/09 02:42] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
今日も元気でお迎え待ち。
昨年11月のこと。


義父の通院&買い物日デーで
はてるまのおうちに義父母を送った帰り、

とおるちゃんによく連れていってもらった山道を
回り道してみました。

201811回り道1

201811ススキまだ


雨上がりの曇り空だから

気分の高揚にイマイチ欠けますが


12月にはこの道、冬季通行止めになっちゃうから、その前に。

201811ススキまだ2

ススキの見頃にはまだ早かったみたいで残念。




ウツウツ絶頂期だったころには
死に場所と決めて心の拠り所にしていた、

標高900mの絶景の高台に行ってみたんですが


あの頃は、
夜中でも草っぱらをがさがさかき分けて進んでいましたのに


平常心になった今は、

なんだか怖いかも。


しかも、最寄りの駐車場が


ややっ。

このように人気のない場所なのに工事中である。
えっ。遊歩道整備!?

『遊歩道整備工事』ですと。


さとこが自力で行ける、星にいちばん近い場所で


日没後は車も通らない、


お気に入りのスポットでしたが


こうやってどんどん開発されて

レジャーとかデートの名所になっていくのですね~





義母が育てたパクチーを
この日貰って帰り

201810月のパクチー


ぱにーニィがトムヤム風ウインナスープを作ってくれて

ワサワサ入れたら

あまりにもおいしかったものだから

ぱにーニィ作酸っぱいスープにベストマッチング


翌日、ぱにーニィの運転で
はてるま母にまたおねだりしに行って


そのあと、ススキ見に再挑戦デス。

20181117-2


今度はコースを変えて

とおるちゃんお気に入りのキャンプ場方面へ。

20181117-4キャンプ場


とおるちゃん生前には


ここに一緒にテント張って


バーベキューしたり

クマ避けの手持ち花火をしたり

たき火に枯れ枝をくべて、燃えさかる炎を見つめたり。


楽しかったなあー、あの頃!


キャンプ場隅にあるトイレには電灯が無いから

さとこがシッコする間、とおるちゃんがついてきて
窓の外から懐中電灯で間接照明してくれてましたよ。


とおるちゃん、とーっても優しいのです。




このキャンプ場、どうやらずっと先まで道が続いていて

ぱにーニィが「どうなっているのか、行けるところまで行ってみようよ」って


そしたら


おおーっ。


こーんな広々。
20181117ススキ-3


とおるちゃん、もしかすると、ここもお気に入りのツーリングコースだったかもですよ。

20181117-1.jpg

20181117-5


ぱにーニィ、すてきなところに連れてきてくれて

どうもありがとうね。


来年、

夕陽に透ける金色のススキを見に

また、来れるといいなあ。







そして


先だっての、1月の半ばのこと。


さとこ、去年夏まで通っていた公民館活動グループのセンパイの
お葬式に参列しました。


小柄なセンパイ、

背筋がピンと伸びてカッコよくて、

品が良くて


集まりがある時には
手づくりのスイーツを差し入れてくださったり


88歳でグループ内最年長だなんて思えませんでした。


満州から引き揚げて来られたため、

お洒落な感じの大陸の歌がお得意でしたのよ。


さとこが入部した直後から、ご主人の介護のため活動を休止されていたけど、


2年前にご主人が亡くなられ、

閉じこもってないで外に出た方がいいよ、とみんなから誘われて

公民館グループに復帰されてました。


さとこと隣り合わせになったとき、

「あなた、初めてお会いした頃から比べて、ずいぶん明るくなられたわよ」と喜んでくださった穏やかな声が


今も耳に残ってます。




センパイが旅立たれたのは

普段、離れて暮らす家族が全員揃っての
ご主人の三回忌法要終了直後のことだったんですって。


息子さんたちの住む関東に
墓地を購入済みなんだけど、

センパイ、ご主人と離れたくなくて、

ずっと遺骨と二人暮らしでした。


でも、三回忌が終わったら納骨すると話が決まっていて


法要が終わり、

お客様を見送った家族が室内に戻ったら


そこにセンパイが横たわり

もう、心臓は停止していたそうです。



センパイ、その前日まで

生涯学習の教室に参加したり

ゲートボールで遠征したり


意欲的にハツラツと日々を送っておられました。



センパイが急逝された日は

奇しくも、ぱにーニィのお母さんの命日なので


さとこはこれからもずっと

センパイを忘れることはないんだろうなあ。




息子さんが喪主挨拶で


「母は父の遺骨と別れるのが辛くて、

父も母を置いていくのが忍びなくて、連れていったのでしょう。

二人一緒に納骨してやることができます。

これからもずっとおしどり夫婦でいてくれます」


って、
むせび泣きながら。


さとこにとって、
毎日願い続けた夫婦の絆のかたち、
そのまんまですね。


息子さん達とてもお辛いだろうのに、

こんな不謹慎なこと思ってごめんなさい。


でも、別れは必ず来るんだもの。


センパイが一人の時に倒れたりして
息子さん達、慌てて駆けつけて事故でもあったら大変だし


センパイにとって、安心できる旅立ちだったのではないのかな。




さとこととおるちゃんの場合、


あの事故の日は、とおるちゃんはお休みで
さとこを送ってくれて


お仕事終わったら迎えに来てくれる約束をしていて


だから今も


いつ来てくれるかなーって

待ち遠しいんだけど


なんせ、さとこ、ドラッグストアの血管年齢無料測定したら、
ほれ。
 ↓
10歳も?

どんな衝撃にも耐えられそうに
噛みごたえのある血管で

血管年齢が実年齢より10歳若いって診断結果で


お迎え、いったい、いつの事やら。
(それより脈拍38って数字の方にびっくり。ゾウじゃあるまいし。)


ついでにぱにーニィの血管年齢も測ってみたら


あっ。
さとこより5歳老けてやがりますよ。
年齢相応


ぱにーニィ、お料理好きのくせに

「三食ともラーメンライスとマヨネーズでもいいよ!」なんて
不健康極まりない暴言吐いてるからなあ。


さとこより早死にされても困るので

今日の持ち寄りごはん、お野菜増し増し。
201811ご長寿ごはん2 201811ご長寿ごはん1


どっかのスーパーのお野菜コーナーの標語に

【野菜食べ 未来の健康 つかみとれ】

っていうのがあったからね!


こんなして

『健康寿命=寿命』をゴールに掲げて


今日も楽しく元気に
とおるちゃんのお迎え待ってる


さとこなのであります。





関連記事
[2019/02/26 20:31] | ・今(なま)ぬあたす。 | page top
ぽんこ2、ポンコツぶりの記録。毎日が問題点解決の試行錯誤。
12月最終週にリバーサイドに就職し、
年内は3回出動。


普段の業務内容のやり方や流れを

先輩パートさんから教わりつつ


合間に
窓、鏡、車椅子などの年末大掃除を行う。



二人とも作業に没頭して一心不乱になりがちなため

ぽんこさんたち、ちゃんと休憩して水分摂取してくださいね、と何度も念押しされる。


業務の区切りごとに休憩をとることを意識して、
お互いに声を掛け合うようにしよう。


メンタル的に脆弱なチームぽんこ2、

困ったことはないか、
無理をしすぎていないか、
気持ちの逃げ場が確保できているか


看護士長さんが気にして様子を見に来てくれる。

ありがたい。




就労して数日は


仕事道具、着替え、書類、弁当、

ハウスクリーニングと兼用の道具や工具の備品、

積雪対策のスコップや長靴等、の毎日の準備が
さとこの管理能力を上回り


自分たちの身の回りの整頓だけですでにパニックモード。




朝8時、フロアに入ると

申し送りを読み、

業務振り分け表にて
その日の受け持ち業務を確認する。



業務に携わってみて

食事の適温配膳カートのバネ式の重たいドアの開閉や

各所に設置されたゴミ箱のふたの爪を外して中袋をかけるなど


さとこの指の力では手間取る作業が次々浮上。


また、
居住ユニットが複数あり


一人一人の病状に合った飲み物を準備したり

食事の形状を確認しながら配ったり

居室・ポータブルトイレ・トイレ等で気づいたことをリーダーに報告するのに


高齢者さんの顔と名前と居室やテーブル席を覚えるのが大変で

気は焦るばかり。


清掃作業中も、安全第一で意識を集中しているので


話しかけられたり

途中で配膳やシーツ交換などの他の業務を依頼されたりして

段取りが変わると


容量オーバーで
今使用していた道具を管理しきれなくなって混乱する。


そんな時
チームで動くぽんこ2だからこそ

二人で確認ができてありがたい。


さとこは続けていける自信が無くなって悩んでいるところだが


ぱにーニィが「いざとなればいつでもやめられるんだから」と
慰めてくれている。


曜日やその日の出勤人数によって受け持ち業務が変わるため、


休憩時間や帰宅してから夜などに
次回勤務の段取りをあれこれシミュレーションしている。




リバーサイドでは

危険防止のため普段から施錠個所が多く


ゴミ出し、窓の開閉、備品補充などのいろんな場面で
数種類ある共通キーを借りるシステムになっている。


フロアにひとつしかない鍵だから

紛失してしまったらどうしようと不安でいっぱいだ。


さとこはファスナーやボタンがついたポッケが沢山ある作業着を着用し


ヘラ、竹串、メラミンスポンジ等の小道具は
ウエストポーチに収納。


就労3日目。
共通キーを自分のロッカーキーと混同しないようにと

ロッカーキーをいつもと違うポッケに移したら


お昼休憩が終わって

ロッカーキーが見つからない。


さとこのロッカーの鍵は、予備がないそうなので
紛失したら壊すしかないのではないか。


どうしよう


たいへんなことをしでかしてしまった。


不安と混乱で

脂汗。
めまい。
吐き気。
顔面蒼白。
心臓が波打つ。


何回もあちこち探し


最終手段で、

午前中廃棄したゴミ袋を開いて
ひとつづつ探すしかないと

ゴミ置き場に行ったものの


積み上げられた数十個のオムツごみを眺めて


どれから手をつけたらよいのか。




さとこは『退職するのにロッカーが開かなくて残務整理ができない』という悪夢を
頻繁に見るが

それが現実に起こってしまった件。


その時、

もう一度ウエストポーチを探り


結局、もともと移したはずの一番内側ポッケにロッカーキーを発見。


そこは何十回となく探った場所ではあるが


激しい動揺で
指先に触れている感覚に気づかなかったと思われる。


汗だくで
何事もなかったような顔で業務に戻り

看護士長にコッソリ報告して
一笑されて終わった。




その日帰宅すると早速

ウエストポーチにスプリングコードつきフックを内蔵した。
こういうやつ。


翌勤務日からは
共通キー借用中はこのフックにつけることにしよう。


そして

開錠しては返却し

施錠の際にまた借りてくる。


とりあえず、これなら安心できるのではないか。


確実に施錠したか、
間違いなく返却したか


不安解消のため

タイムカードを押した後にも再度フロアに戻って
指差確認喚呼してからようやく退社するチームぽんこ2。


そして

さとこのロッカーの鍵は

ロッカーに差しっぱなしにして携帯せず施錠せず。


貴重品は更衣室に持ち込まず、備品置き場としてのみ活用している。






正月明け。
4回目の出動。


新たにトイレ掃除や清拭車の掃除の指示を受けた。


鍵を回す、雑巾を絞る、枕カバーに枕を突っ込むなどの
さとこにとって困難な作業は

ぱにーニィが能動的に引き受けてくれ


反対に
ぱにーニィは入居されている高齢者さんとのスキンシップが苦手なので


レクリエーションでは
さとこが話しかけ、ぱにーニィを話題に巻き込む。


居室の環境整備をしながら
高齢者さんとやりとりをしてお一人ずつの個性を覚えていくが


気道切開の方が痰が絡んで今にも窒息しそうな咳をされるため

ぱにーニィは心配で顔面蒼白。


出勤するとまず居室を覗いたり

チラチラと日に何度も様子を伺っている。


さとこも
今朝会話したばかりの高齢者さんが転院されたと聞き

自分がなにかやらかしたのが原因ではと気もそぞろ。


病院との行き来が頻繁な方だそうで

再入所された時には
泣きたいほどうれしかった。




掃除機をかけた後
柄付きモップで床を拭いてくださいと指示あり
  ↓
楽天さんから拝借画像
(こんなやつ。拝借画像)

この手のスクイザーでモップを固く絞るのは難しく
なかなか乾かないので

身体が不自由な人が通る場所では使いたくない。


二度拭きして水気を拭き取ろうにも

同じタイプの柄付きモップしかなくて全然吸水しないし

やたら重くて腰痛と腱鞘炎悪化、
マメもその都度破れるので
気をつけないと血液汚染してしまう。


広範囲なのでなかなかの重労働。

ぱにーニィのガラス細工の腰が粉砕しそうで心配だ。




同業種施設勤務のぴよ子さんに
そちらの清掃員さんはどうかと問い合わせてみた。


「うちのダスキンさんは、

一般的なモップは水が絞りきれないので

業務用のでっかいクイックルワイパーに専用のマイクロファイバークロスを装着して
埃取り → 洗剤拭き、の流れみたいです。

あと、廊下や居室内は、先に
人が歩かないベッド下、洗面台下や、廊下の端を拭いて水分を落としてから、
真ん中を拭いていくと

びちゃびちゃを利用者さんが歩かなくてよいそうですよ

以上、現場からの報告でした ( ̄^ ̄)ゞ  byぴよ子特派員」


と、丁寧で詳しい報告書が届き、感謝感激。


主任から「必要なものは購入しますから申し出てください」と言われているため

とおるちゃんとさとこの巣でも、ハウスクリーニングでも愛用している、
これをお願いした。
  ↓
愛用品

マイクロファイバーを持参して装着し、無事解決。

腰の負担と疲労度が大幅に改善した。


初日から
スタッフだけでなく高齢者さんからまで

「ぽんこさんたち、すごいね。こんなにきれいになるなんて信じられない。本当に気持ちいい」と驚いてもらえるので


有頂天で100%の力を出し切って8時間業務に専念し、

帰りついたら洗濯するのがやっと。



ぱにーニィに至っては、ゴム動力で動くタイプなので

作業開始時にはものすごいスタートダッシュで消えていき

終業前には燃えカスのようになっている。




そんな1月7日のこと。


ネギ社からも「明日、8日から出荷を手伝ってほしい」と要請があった。


ネギの収穫が始まったところに
レギュラー社員さんが忌引きとなったらしい。


さとこはその日は義父の通院日で出勤できないが

腰が大破中のぱにーニィが一人で助っ人に向かった。

ねぎ社への通勤路
 (通勤路の交差点で信号待ち。)




そして、ハウスクリーニング物件の指示書も届いたため


その後のスケジュールは

9日  リバーサイド
10日 ねぎ
11日 リバーサイド
12日 ねぎ
13日 ぱにーニィお母さんの命日だがハウスクリーニング
14日 ねぎ
15日 ハウスクリーニング
16日 リバーサイド
17日 ハウスクリーニング
18日  ライブ
19日 ハウスクリーニング
20日 リバーサイド


18日がライブの日だが
17日の夜まで全く練習ができない、みっちみちの状態に。




ところが

さとこが去年夏まで通っていた公民館活動グループのセンパイ(まだたったの88歳)が
突然他界され


同日に、ぱにーニィのおばさんが交通事故の訃報が舞い込んだ。


17日は

ぱにーニィとさとこは
それぞれがお葬式に参列することとなった。


その夜の初練習で

なんと

風猫氏の闘病中のお義母さんが他界されたと知らされ

18日は風猫氏欠員のライブ。


予定曲もガラリと変更した。




もう何が何だか


予想範囲を超えて怒涛の日々が訪れたぱにーニィとさとこ。


大丈夫なのか?チームぽんこ2。
関連記事
[2019/02/19 13:17] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
通勤路のあんなこと、こんなこと。
通勤途中の車窓の風景。

橋の上から鳥さん。
橋の上から


ハウスクリーニングで
窓の桟を洗う手を止めると

雲一つない空。
現場の窓から


夕空には
ヒコーキ雲がいっぱい。
龍の一家

このあともどんどん増えるんで
まるで龍の一族が会合でもしているみたいでしたよ。




ネギ社からの帰り道、

突然の通り雨で虹が。


海から出現した荘厳な姿を写したかったけど

埋立地の建物に阻まれてしまっているうちに消えちゃった。

虹を逃がした


なんだかものすごく寂しくなって泣きそうになったら

虹の代わりに
黄金色のお空。
16時51分の夕日

夕陽をクレーンで吊り上げようとしてみたんだけど。




19時7分。

満月が海から上がってきました。
19時7分。海から昇る月




リバーサイドに通うようになったら


新雪の中のピンとはりつめた空気の中を走る。
181227の7時37分

181229の7時37分ー2


空の色が刻一刻と変化します。
190104の7時18分


対岸町の雪の銀杏並木。

あれは故とおるちゃんのお気に入り。
181229の7時57分


実はリバーサイドは

はてるまのおうちからは
たったの1,2km。


10年前、福祉施設ができると聞いたとき

とおるちゃん喜んで
「はむちき(さとこのこと)、今の職場を辞めて一緒にリバーサイドに行こうや」って言ってた。


さとこはその時の職場に恩を感じていたから
辞めるつもりなんか全然なくて


そして、街を離れて
はてるま父母と同居しながらの会社勤めなんて

要領が悪いさとこには
絶対務まらないと思っていたし。



もしも


ふたりでリバーサイドにお勤めしてたら


あの事故は起こらなくて


とおるちゃんは今も

さとこの隣に居てくれたに違いない。


あ、

いや、


出来そこないのヨメで

離婚されていたかもしれないね




月命日には

お仕事帰りにお墓にも立ち寄って


お参りしてから帰りましたよ。


とおるちゃん、はてるまのお家にいつでも帰れて

あの時望んだとおりになりました。




とおるちゃんが突っ込んだ事故多発地点のあのカーブには
あのカーブ


その後
ガードレールと『右方向屈曲注意』の道路標識が設置され
ガードレールと標識できたよ

死亡事故の起こらない、安全な道路になりましたよ。


とおるちゃんのおかげだよね。

良かったんだよね。


ピンクに輝くヒコーキ雲を眺めながら帰りましょう。
ピンクの飛行機雲




2月2日の朝、6時21分。
ぱにーニィを起こしに行く前の暖機運転中に見上げた空には


お月様と金星と木星がお話しているみたいでした。
1922暖気中の空


とおるちゃん、一緒に見てるかな。


さあ、


今日もお仕事に行こう。
関連記事
[2019/02/10 06:17] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
リバーサイド初日。
リバーサイド就労が12月後半からと決まり、


ここ数日のぱにーニィは
散歩が嫌で綱で引きずられるワンコみたいになっていましたが
絶対に行かないワン!犬なのに散歩が嫌いなワンコたち
(拝借画像。本人じゃないです)


そして。

初勤務の日の前夜となりました。


H井看護士長さんから
「明日、リバーサイドの勤務の前に、本部でオリエンテーションがあるって聞いてますか?」と連絡が入りました。


さとこ 「はあ、書類にそう書いてあるので、そのつもりでおります」
  ↓
入職説明


H井看護士長さん  「そうなんだ、なら良かった。気を付けて行ってね。道知ってる?」


さとこ 「えっ?待って待って!本部って、リバーサイド1階の事務所にあるんではないのですか?」


H井看護士長さん 「違うよ。川向こうの対岸町にあるの、知らなかったっけ?」


なんと、
リバーサイドの社会福祉法人本部というのは、
別の住所にあるのでした。

あ。
ほんとだ、
書類が送られてきた封筒の差出人住所が違う!!


リバーサイドさん、そういえば、できたのは10年も前だけど


3年ぐらい前に経営者が変わって
他の施設と合体したらしいって聞いた。


あっちが本部なのか…。


現場ではないってことはですよ。

働く服装ではなくて、スーツかなんかで出勤ってことなのか?


てか、

そんなことより

さとこ、書類の内容もきちんと理解できていないだなんて
すでにそんな思い込みで

これから先、どうしよう。


途端に不安に押しつぶされそうになってパニックモード全開のさとこを見た途端

その反動で、ぱにーニィが
妙に明るくお気楽な態度に変貌。


ぱにーニィ、グーグルマップで場所を確認し、 「リバーサイドよりちょっと近いじゃん。大丈夫。ちゃんと行けるよ


なんだかシーソーみたいな
ぱにーニィとさとこなのでした。




翌朝。
ぱにーニィを6時半に起こしに行き、7時7分に出発。


途中、国道沿いの道の駅でトイレ休憩をしても

法人本部には8時前には到着しました。


会議室に通され、

人材育成主任から
法人の組織説明、法人施設の理念、介護の心構えなどの講義を受けます。


介護教室みたいなもんだなと思いながら気楽に聞いているさとこと、

片や、
予想外の責任を背負い込むことになるのではと、明らかに不安定な精神状態となり
居り場がなくて多動になるぱにーニィ。


ぱにーニィ、ぱにーニィ、そんなに重たい内容じゃないぞ。

ダイジョブだからとにかく落ち着け!


やっぱりなんだかシーソーみたいな
ぱにーニィとさとこなのでした。




講習が終わると
配属部署リバーサイドに向い


入職書類の提出と、
仕事の流れの説明。


業務内容は

物品補充、お掃除、シーツ交換、お茶準備、整頓、配膳、車いす移動の介助、てかんじです。


「高齢者さんとのふれあい、話し相手、レクリエーションの参加」ってのも書いてあるけど

コミュニケーションそれ自体を優先でなくても
お仕事していれば自然に触れ合うでしょう。


だって、スタッフさんが高齢者さんと関わる時間を作るための雑用係として
さとことぱにーニィが採用されたわけですし。


シーツ交換と車いす移動の実習を経て

その先は、現場のユニット主任にバトンタッチ。


ユニット主任について歩いて1日の生活の流れを学び、
館内の除菌などをして一日目が終わりました。


さとこ、高齢者さんの名前と、特徴や注意点がちゃんと覚えられるかな。


とっても心配です。




ぱにーニィとさとこは、必ずふたりでひとつの指示をもらうことをお願いしました。


さとこは、

ゴミ袋を結ぶとか
濡れたものを固く絞るとか
軽いものをそっと持つとか
手首を回して鍵を開閉するとか
指先でパチンとするキャップを開けるとか


そういうことを
ぱにーニィに助けてもらえば
なんとかやっていける気がします。


ひとりだとできないことも
二人だったらできる。


そんな形のスタッフって
多分、今までいないんじゃないかと思う。


H井看護士長さんは

リバーサイドを再建し、職員を守るために

今までの概念を覆したり
ダメな部分はどんどん新しくしていきたいんだそうです。


リバーサイドさん、さとこにも機会を与えてくれてありがとう。


とにかくわたしたちに勤まるか
やってみないとわかんないし


H井看護士長さんもリバーサイドさんも

色んな実験ができたらいいなと思います。


さとこ、指が短いから
はめてるビニール手袋をゴミ袋に一緒に結んじゃったりして

早速、
地味にパニックになってますがね。




二人セット勤務なので

チーム名は
『ぽんこ2(読み:ポンコツ―)』としました。


ウッカリ屋さんで、立ち止まって考えるブレーキが効きにくい。
男前なんだけど肌と腰と膝とが脆弱な、

『ぽんこワン』がぱにーニィ。


面の皮は厚く
愛想はいいんだけど
仕事は雑で暴力的。

周りの刺激で頭真っ白になりがち。

ぽんこワン同様、腰と膝が悪い、
『ぽんこツー』 がさとこ。


甚だしくたぐいまれなるポンコツぶりの二人だけど


お互いの悪いところを理解し、指摘し合い、カバーし合う、最強(?)チームとなる予定です。


二人で1,5人前のぽんこ2を


どうか皆さまのお引き立てのほど、ひとえにお願い申し上げまする。


関連記事
[2019/02/07 09:17] | ・こんにちは。私たち、ぽんこ2(ポンコツー)です。 | page top
| ホーム | 次のページ>>